BROWN & COBALT BETTY

  • 2016.01.22 Friday
  • 21:40
What an amazing color!!!
My favorite tea pot, "BROWN BETTY" &" COBALT BETTY" has arrived!!
The tea pot changes its color under the lights because of the brown & cobalt glaze.

"BROWN BETTY”&”COBALT BETTY”



こんばんは、テクテク紅茶やです。
昂るテンションによりいつもと出だしを変えてみました(笑)。

再販のご要望を賜り続け、はや2年近く…
お待ちかねの再販ご案内でございます。

当店でお客様に心込めて淹れた紅茶を入れてお届けしておりますティーポットは、
”BROWN BETTY”というブランド名で、一昨年より新色”COBALT BETTY”も加わり2色展開されているイギリス製ティーポットです。

赤土を焼いて作られた陶器ゆえ、保温力が抜群で、この冬場でもティーコジーを被せることで2〜3時間は温かさが続きます。

”ロッキンガム・グレーズ”と呼ばれる茶色の釉薬、
”コバルト・グレーズ”と呼ばれる藍色の釉薬。

両色とも光の加減で色味が変わるので、日の当たる昼の席、夜の席で色味が違って見えます。
またそれぞれに美しいのです。うっとりです。ほぅ。


到着直後のBETTYたち 夜ver.
P1170607.JPG
左がコバルトベティ、右がブラウンベティ。見分けがつかぬほど深い色。
昼ver.と左右逆なのがツメの甘さです(笑)




このティーポット、古くからイギリスで愛用されているだけあってなかなかの曰く付きでして、
メーカーが二転三転した歴史があります。

2012年、テクテク紅茶やのオープンに合わせてくれたかのように、当初のメーカー"Adderley Ceramics"に戻ったことで性能が良くなったという情報が開業準備時に舞い込みました。
これが判っていながら従来品(現在日本で販売されている多くは、"Cauldon Ceramics"製のティーポットのようです。)を使うわけにも…と、英語での応酬という高いハードルを越え(笑)、海外から取り寄せ、現在に至ります。


一番見分けのつく部分は"Adderley Ceramics"独自の、取っ手のトンガリ。
持つ時の安定感に欠かせない要素です。

ほか、
濃茶・濃紺である故に茶渋が目立たない、
給湯がスムーズ、
液だれしにくい、
茶葉も出にくい、
保温力抜群、
形のぽってり感が可愛い…


一目惚れ、且つ、一生惚れです。
これ以上「機能美」を顕したティーポットは無い、とは店主の私見。
自分の思うベストの状態でお客さまに紅茶をお届けできていることを思えば充分に価値のある仕入れだと思っております。



そんなティーポットにはたっぷりの紅茶がふさわしい。
当店では3杯以上召し上がって頂ける量の紅茶を淹れておもてなししております。

12席しかない箕面山麓のイチ紅茶屋に、全国から販売可否の問い合わせが来る珍事が起こるのは、"Adderley Ceramics"製ならではの機能美が認められているからでしょう。

販売内容は下記のとおりです。
・サイズ…2cups (適量約500ml。頑張ればMAX700ml入ります・笑)
・価格(税別)
 ・BROWN BETTY…6,100円
 ・COBALT BETTY…6,240円

・返品・交換不可につき、店頭引き渡しのみ(ご購入時に商品状態をチェックして頂きます。)
 ※破損トラブル回避のため発送はお断りしております。大変恐縮ですがご諒恕下さいませ。
・お取り置き承ります。(基本1か月以内、遠方のかたはご相談下さい。)
・売切次第販売終了、次回入荷は未定



海外発注に伴う手数料も含まれますので値は張りますが、
大切に使えば一生モノとして愛用できる非の打ちどころないティーポットです。
前回、予想外に早く売り切れましたので、多めにはご用意しましたが、気になる方はお早めにどうぞ…。

お気に入りのティーポットから注ぐ紅茶は、気持ちだけで美味しさが数割増します。
このBEETYでなくとも、ご自分にとってのベストなティーポットで、毎日の最良ティータイムをお過ごしくださいませ。


タグはオサレな栞になります☆読書家さんにモッテコイです。


明日から数日にわたり、エゲツない寒さになる模様です(笑)。
どうぞ皆さまお風邪など召されぬよう、お気を付けてお過ごし下さいませ。
当店は「紅茶の美味しさは寒くてナンボ」精神で(笑)、明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。
本日お越し下さったお客さま、寒い中のご来店、誠にありがとうございました。


…とは言えこりゃキツそうですねー(笑)



---information---

・1月の営業について…(※2016年より定休日が変更になりました。

定休日…1(元日),毎週木曜(7,14,21,28)

☆「紅茶のレク茶ーご案内」


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」はじめました。

★access

●Facebookページもちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

profile

営業日のお知らせ

最新のご案内は最新のブログ投稿の下部に記載しておりますので、ご確認下さい。

テクテク紅茶や

・所在地…〒562-0012
大阪府箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
・TEL&FAX …072-737-9288
・営業時間…11:30-21:30(L.O 21:00)
・定休日…木曜+朔日(ついたち)※土日祝すべて営業(元日除く)
・ご予約承ります。(全時間帯可※2時間半メドでお願いします。) ・駐車場…有(3台)→建物裏を進んで、ポールがある場所、右奥の駐車場。
No.30&31&32
【お願い】
3台のみですので、お連れ様とお越しの際は乗り合わせの上お越し頂けるととっても、とっても助かります。

(スポンサーズリンク)

問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらへお願いします。

selected entries

categories

archives

recent comment

special thanks

tekuteku tea booth is made by...

"tea" Mr.Toshiki Horie(T-san), Mr.Yuma Horie from MUSICA TEA and his staff, especially Ms.Yoshie
"coffee" Mr.Yasuo Yamaoka from Karin coffee
"food"
・Momiji-tenpura
: Ms.Chiyoko from KOHYOH
・Bread: Ms.Saiko from Bakery GRABABITE!
"spirit"
・logo
: Ayako from my friend
・shop card: Mr.Sakiyama from "HOPE21"
・carpentry work: Mr.Kosaka from WORKSHOP and his coworker
・interior backer: Ms. Mariko and her husband, Mari, Akiko, Yukako, Hitoe, Saki, Miho, Mika, Mr.Kanatani, Katsuma with his children, from my friend

"Customer" Yes, you!

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM