テクテクティーバッグ

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 21:26

こんばんは、車から取り出そうとした買い物袋から缶ビールが落ち衝撃で穴が開きプロ野球どこか優勝したくらいの勢いで車にビールぶっかけたテクテク紅茶や店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

 

台風19号。

此処箕面山麓も土曜の正午あたりかなり荒れましたが、

昨年の21号を思い返せば停電も無くこんなんで済んだなら御の字と思わずにはいられませんでしたし、

何より直撃した関東以北の被害や犠牲の報道を観ると…言葉に詰まります。

 

被災された皆さまの日常が少しでも早く戻りますように。

亡くなられた方へご冥福をお祈り致します。

 

当日、あの荒天の中でお越し下さったお客さま、ありがとうございましたを通り越してすみませんでしたの心境です。

果報店です。

 

 

さて、件名のお話へ。

お客さまにはお馴染み、当店オリジナルブレンド、「テクテクティー」。

 

テクテク紅茶やのお客様のために、ムジカティーのマスターTさんこと堀江さんが、スリランカの香りの良い産地、コクのある産地などをバランス良くブレンドし設えて下さった「いいとこ取り」紅茶で、開業当初から揺るぎないご指名No.1紅茶ですが、

この度、満を持し過ぎてティーバッグを正式に商品化致しました!

 

iPhoneImage.png

 

兼ねてからご要望が多かったティーバッグ。

夏に伺った茶農家、宮茶房さんに委託しテクテクティーをティーバッグ加工して頂きました。

茶縁と旅縁がなければ実現しなかったことです。

やはり旅は良い。

 

 

ティーバッグ製造機

IMG_2405.JPG

 

1個の茶葉内容量は2.5g。

小さなマグなら1個、大きなマグなら2個入れて丁度の量です。

 

 

紅茶屋店主的にはリーフでポットオブティー推奨ではありますが、

此方販売してからはティーバッグの方が販売数が多いのも事実。

 

バタバタの朝に紅茶をチャっと飲みたい時や、

先様にカルい差し入れや手土産としてお渡しされたい時など、

簡便性や万能性を重視の際は、ティーバッグをお求め下さい。

 

 

 

「ティーバッグって美味しくない」と時折お客さまから伺うこともあります。

 

勿論リーフのままポットに淹れて戴くのがベストですが、ティーバッグもちゃんと淹れればちゃんと美味しく戴けます。
ちゃんと、とは云え簡単で、お湯で温めておいたカップに、沸騰したてのお湯を注ぎ、その上からティーバッグを落とし、フタ(ソーサーなど)をして3分蒸らせば出来上がりです。

iPhoneImage.png

-おいしくなるpoint-
◎カップは温めておく
(お湯や、水を入れてレンジでチンしておくなど)
(器を温めて抽出時の温度を高いまま保つことで美味しい紅茶になります)

◎沸かしたてのお湯を注ぐ
(ポットオブティー同様、沸かしっぱなしのお湯やヌルいお湯では美味しくなりません)

◎お湯を入れてからティーバッグをそっと入れる
(ティーバッグにお湯を注ぐと、お湯でティーバッグの形状が潰れ、茶葉がティーバッグ内で踊らず抽出が不十分になります)

◎フタをする
(湯気を閉じ込めないと温度が一気に下がり抽出が不十分になります)

 

◎仕上げにならす
紅茶の成分が下部に沈んでいますので、スプーンなどでかき混ぜて濃さを均らしてから召し上がって下さい。


-NG-
×取り出す時に振る・絞る

(エグみが出てしまい、苦くなります。そっと上げましょう。)

×2煎目に使う
(緑茶と違い、紅茶の成分は1杯目でほとんど抽出されます。一期一会です。)




ティーバッグの形状としては大まかには下記の2タイプかと存じます。

テトラ(ピラミッド)タイプと平型タイプ
P1130863.JPG


テトラ型は、ティーバッグ内部の空間が広いことで平型タイプより茶葉の抽出効率が良くなるとされています。

今回ご案内のテクテクティーバッグもテトラ型。
平型タイプはお湯に入れる前に内部に空気を入れてやれば近付くかと。
 

 

時間が無い時に便利なティーバッグ、折角なので美味しく戴きましょう。

 

…よし。

ティーバッグの美味しい淹れかた、ブログにシタタめたのは実に5年振り。

余談の多さに辟易としていた皆さまにもご納得頂けそうな、紅茶屋らしい投稿ができました(笑)。

 

 

ここまで云っておいてナンですが、店主にはどれだけ忙しくてもティーバッグで淹れる習慣がありません(笑)。

何故ならティーポットで淹れるほうが簡単になってしまったから。

簡単なほうが美味しいなら…という具合です。

紅茶大好きあるある…だと思うのですが、どうでしょう。

 

 

最後、

お買い求め下さったお客さまから、「ティー…バッグ?バック?パック?どれ正解?」

とお声掛けいただきました。

ここまでお読みいただければ正解ワード出ておりますが、「ティーバッグ」です。

茶葉を入れたカバン、的イメージでしょうか。

 

誤りがあってはならぬので再確認だけしておこうとググってみたところ、求めていた答えを凌駕する記述に大爆笑してしまった…

ティーバッグかティーバックかティーパックか憶えられない

最高だよ。

ライターさん大阪ご在住との事なのでご来店下さったらティーバッグ差し上げたいよ。

 

 

明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、ご来店誠にありがとうございました。

 

 

P.S

余談、遂に一眼レフを買いました。

概ねiPhoneで十分ではあるのですが、ご来店に繋がるような写真をお届けできればなと所信表明。

 

昨晩の16番目の月を一眼レフで。

 

これはiPhoneでは撮れんわ。ハマる人が多いことに納得。

…月がご来店に繋がるかどうかは「置いといて」(時効警察ネタ)。

 

 

------information ------

 

●10月の営業について

 

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+ 朔日 ついたち ) (土日祝の場合は営業)


★menu
【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

【限定紅茶】「ダージリン 2019 セカンドフラッシュ:シンゲル茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00
木曜+朔日(ついたち)定休

★access

コメント
闘病の身で、お店にお邪魔できなくなってもHPは日々拝見しています♪今回は目からうろこボロボロ・・・ティーバックの淹れ方にお便りをさせては、いられなくて!!!
お湯の中にパックを〜にこの歳になって初めて知り、嬉しくて♪
ご伝授ありがとうございました。
  • 鉄ちゃんの妻
  • 2019/10/18 7:31 AM
>鉄ちゃんの妻さま
御闘病中との事で、お見舞い申し上げます。
お役に立てて何よりです。ティーバッグで美味しいティータイムを愉しんでください。

あとはぜひ「ティーバッグ」の最後は「バッグ」と覚えていただければ嬉しいです(笑)。
  • テクテク紅茶や店主
  • 2019/10/18 5:30 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

営業日のお知らせ

最新のご案内は最新のブログ投稿の下部に記載しておりますので、ご確認下さい。

テクテク紅茶や

・所在地…〒562-0012
大阪府箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
・TEL&FAX …072-737-9288
・営業時間…11:30-21:00
・定休日…木曜+朔日(ついたち)※土日祝すべて営業(元日除く)
・ご予約承ります。(全時間帯可※2時間メドでお願いします。)
・駐車場…有(2台)→建物裏を進んで、ポールがある場所、右折の駐車場。
No.10&12
【お願い】
少ない台数ですので、お連れ様とお越しの際は乗り合わせの上お越し頂けるととっても、とっても助かります。
万一満車の際は、駐車場からお電話もしくは一旦入店にて空席を確認下さい。
一時駐車スペース、若しくはコインパーキングをご案内させていただきます。

(スポンサーズリンク)

問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらへお願いします。

selected entries

categories

archives

recent comment

special thanks

tekuteku tea booth is made by...

"tea" Mr.Toshiki Horie(T-san), Mr.Yuma Horie from MUSICA TEA and his staff, especially Ms.Yoshie
"food"
・Momiji-tenpura
: Ms.Chiyoko from KOHYOH
・Bread: Chambord from Saito,Ibaraki-city
"spirit"
・logo
: Ayako from my friend
・carpentry work: Mr.Kosaka from WORKSHOP and his coworker
・interior backer: Ms. Mariko and her husband, Mari, Akiko, Yukako, Hitoe, Saki, Miho, Mika, Mr.Kanatani, Katsuma with his children, from my friend

"Customer" Yes, you!

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM