結構な血行を決行で欠航(旅日記3/3)

  • 2019.08.05 Monday
  • 21:55

扇風機では暑くて起きる。

エアコンでは寒くて起きる。

しかし消すと暑くて起きる。

途中で目を覚ますことなく朝を迎えられる調整を今夏中に会得することが目下の目標のテクテク紅茶や店主です、こんばんは。

本日も無事営業終了致しました。

 

 

さて、前回旅日記からの続きとなりますが、件名は完全に遊びです。

「阿蘇のアソート」とも迷ったのですが。

…どうでもいい話で文字数増えるあるある。


宮崎県を後にして、熊本へ戻ります。

五ヶ瀬から阿蘇市内へまっしぐら。

 

いまきん食堂

IMG_2410.jpg

 

酷暑の午後2時を過ぎてまさかの大行列とは流石老舗、怯みつつ、ここで諦めるわけにはいかん…!

朝食から時間が経っていたので空腹は最高のスパイスとばかりに日陰で40分ほど待ち、結局おやつの時間に辿り着いた御馳走は阿蘇名物のあか牛丼。

 

IMG_2409.JPG

 

すき焼きの味でステーキを戴くような感覚。

美味しさ噛み締める前に平らげてしまいました(笑)

あとはお手洗いの扉を開けた瞬間何故か情熱大陸がエンドレスリピート。記憶に残るお手洗い(笑)。

 

 

残り時間は行けるだけ阿蘇巡り。

 

・阿蘇神社

IMG_2470.JPG

震災による復興工事がなお続けられ、本殿への参拝は叶わず。

仮の場所でお参りし、御朱印を戴きました。

 

 

・大観峰

IMG_2471.JPG

 

IMG_2475.JPG

360度のパノラマビュー。

もうほんと、阿蘇ナメてたスミマセン、こんな景色拝めようとは…阿蘇牛乳呑みながら、暫く、ぼへーーー。

 

 

・押戸石の丘

IMG_2478.JPG

和む案内板(^_^)/ 確かに凸凹でした。

 

駐車し、そこそこ長い遊歩道を歩き、汗だくで丘に到着。

 

IMG_2479.JPG

 

IMG_2480.JPG

 

先史時代の巨石文化遺跡だそうで、シュメール文字という古代文字が刻まれたりしてい…るそうですがよく分かりませんでした(笑)

1つ1つの石にそれぞれ不思議なチカラが宿っているのだとか。

スピリチュアル的なモノには疎いタチですが、純粋に絶景。

 

 

IMG_2489.JPG

 

マゼノミステリーロード→ミルクロード…覚え易い道路名たちを通り、空港近くまで戻り、夕ご飯。

熊本来て馬刺し食べないわけにはいきません。

 

・てんき

IMG_2492.JPG

断腸の思いで(笑)居酒屋でノンアルビールを頼んだドライバー。

赤身と霜降り、鬣(たてがみ)の盛り合わせ。馬ならではの弾力と旨みに舌鼓がドンドコ。九州醤油が合う!

 

IMG_2497.JPG

此方の名物というよも麺。九州醤油と馬肉の出汁でヨモギ麺を戴きます。

とても美味しいけどお酒呑んだ後の〆向きだなぁ。シラフの関西人には甘濃いさが強め。

 

 

フル満喫、

ホテルで爆睡、

早朝に起き空港に向かうべく準備していると、

毎度お世話になっておりますANAからメールが。

 

「使用する飛行機の手配がつかないため欠航となりました。」

 

…えっ。

 

なにそれどゆこと?

超快晴ですけど?

そこそこ飛行機乗ってきたけど初体験〜

など云うてる場合ちゃうで、帰着後店に直行して開店準備せなアカンねん。

いつも通りの弾丸予定が、朝の6時に崩れる羽目に。

 

慌てて次の便に振り替えるべく時刻表見たら出発昼過ぎ…このままではほぼ休業じゃないか!

オロオロ。

 

IMG_2682.JPG

 

ひとまずレンタカー返却兼ねて空港へ行き、なんやかんやで昼前に出るJAL便への振り替えをしてもらい、取り急ぎSNSで開店が遅れるお詫びを済ませ、ここまで来たらもう仕方ないと漸く一息つき3時間ほど空港で待つことになったところで、ふと。

 

…ちょっと待て、飛行機好きにとって3時間も好天の空港で過ごせるなんて最高にオイシくないかと気付き(笑)、

展望デッキへまっしぐら。

 

 

IMG_2617.JPG

 

IMG_2612.JPG

 

IMG_2605.JPG

 

 

小型機などホームの伊丹空港では普段お見かけしない機体が次々に飛んでいきます。

神様が「まぁいつも弾丸で空港おる時間少ないんやしゆっくり見てきーや」と云って下さったような気がしました。

結局もっと待ち時間あっても良いと思ったくらい愉しんでしまいました(笑)。


 

更に極めつけ、搭乗案内された振替便が此方。

 

天草エアライン「みぞか号」

IMG_2663.JPG

 

IMG_2664.JPG

 

こんな可愛い振替便、誰が予想したでしょう。

 

 

座席シート

IMG_2681.JPG

おっちゃんたちも有無を言わさず♡のヘッドカバー

 

 

欠航便とほぼ同位置の座席にしてくれたお蔭で、店主のプロペラ機・定位置、翼の下。

IMG_2672.JPG

心置きなくプロペラ子イルカをずっと眺めていられました。

 

機内サービスも熊本色。

IMG_2676.JPG

 

後日調べたところ、このみぞか号、7月いっぱいで伊丹へのフライトが無くなったようで、将に滑り込みで搭乗できたようです。

(さらにその後日お客様から聞いて知りましたがフライトが無くなったことによりこの炎天下で駐機場での待機が延び、その結果燃料が高温化しこの機体が欠航になるというなんとも切ない事態になったようで…)

 

いつもランディングを見上げている千里川土手から、このみぞか号を見上げている人を見下ろして優越感に浸りつつ(笑)、

この機体はおなかにくまモンが居るらしいので、見上げている方々にはきっと見えたことでしょう。

このみぞか号に再び乗るべく天草が旅先候補地に加わりました。

 

トラブル転じて福と為す…?

とは云え開店が遅れてしまったことでご迷惑をお掛けしたお客さまには、改めてお詫び申し上げます。

御存知なくご来店されたかたがおられないことを祈るばかりです。

 

 

梅雨明け当日の5ヶ月ぶり飛行機旅、学びとリフレッシュと色々叶った良い出張(と言い張る・笑)でした。

昨年やっと念願の47都道府県制覇したとは云え、今回の阿蘇のように、想像した以上に素晴らしい土地がきっとあるんだろうなと、行ってみたい未踏の地が沢山あります。

それも戻る場所…この店舗と、お越し下さるお客様がいてこそですので、今回の旅も糧にして引き続き良き営業に努めます。

 

 

3回に及ぶイチ個人の旅日記にお付き合い下さった皆さま、お疲れ様でした(笑)。

丁度旅した先々に明日台風が直撃しそうな様子で、いつも以上に気掛かり。

出逢った方々に被害が無いことを祈ります。

 

 

SNSのほうには投稿したのですが、また気分限定でパフェをひとつお届け中です。

改めて近日中コチラでもシタタめます。

 

 

暑い日が続きます。

暑ければ暑いほど水分補給が大切です。

どうぞ給茶しにお越し下さいませ。

明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、暑い中でのご来店、誠にありがとうございました。

 

 

------information ------

 

●8/15(木)コラボイベントについて

「紅茶de茶葉リウム」ご参加募集中です!

 

●8月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+ 朔日 ついたち ) (土日祝の場合は営業)

☆お盆期間は通常営業

※早めクローズ…8/23(金)16時半クローズ

※臨時休業…8/30(金)〜31(土)


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 オータムナル/ジュンパナ茶園」

※【限定紅茶】「ニルギリ 2019 ウインターフラッシュ/カイルベッタ茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00
木曜+朔日(ついたち)定休

★access

宮茶房さん訪茶記(旅日記2/3)

  • 2019.08.03 Saturday
  • 21:48

こんばんは、今宵の御飯は差し入れ弁当、テクテク紅茶や店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

何品目よ!?の優しいゴハン、戴きます(^人^)

進めば進むほどお腹が空くのは、カラダに良いものを戴いている顕われと思われ。

 

8月になりました。

唯々、只管、猛暑。

キンキンに冷えたアイスティー、当店ではそれよりよく出る紅茶ソーダ、そしていつも通り各産地揃ったポットオブティー、皆さまの心身を潤すことができるよう、色々お好みの紅茶をご用意してお待ちしております。

 

今月も宜しくお願い致します。

 

 

さて、本日は先日からの旅日記の続き、旅の2日目、高千穂を出発したところから。

 

朝イチでお邪魔した先は、
高千穂から車で30分ほどの五ヶ瀬にある茶農家さんでした。

 

宮茶房

IMG_2403.JPG

緑茶/発酵茶と工場が分かれていて、此方は紅茶・烏龍茶の発酵茶専用工場

 

宮崎県の宮さん。

漢字が微妙に違うところがポイントです(?)。

地紅茶サミットほか、国産紅茶のイベント出展で知った茶農家さんで、グリニッシュ感のある美味しい紅茶を作られています。
当店でも何度か「五ヶ瀬紅茶」として国産紅茶ローテーションに加えさせていただいてきました。


茶葉購入できれば御の字と思っていた中で問い合わせたところ、タイミング良く紅茶と烏龍茶の製茶をする日なのでぜひ遊びにおいでという嬉しいお言葉を戴き、遠慮なく朝の8時過ぎから午前中いっぱい長居する始末。

それもこれも社長の宮さんのお人柄の良過ぎさに甘えた所為。
きっとその為でしょう、従業員の皆さん全員がご家族のような仲の良さで、作業の邪魔でしかない店主をウエルカム感満載で応対下さいました。

 

到着早々製茶工場独特のお茶の香りがぷわーん。むはー

 

興味出たところを右往左往していたので、頑張って基本的な紅茶の工程順に並べてみます(笑)

 

・萎凋(いちょう)

上のコンテナボックスでは発酵進行中

 

下から適度な風を送り萎らせる萎凋棚。

品種によって別方法の萎凋をしているとの事で、それがこの…

 

・ネオ萎凋(勝手に命名)

IMG_2387.JPG

 

ドラム式萎凋機!

設定した時間に定期的に茶葉を攪拌する作業を夜通し行うのだそうです。

そうすることで均等に萎凋が進み、良い香りが出るそうで、香りが持ち味の品種については此方の方法で作るとの事。

未来式カプセルのような印象を受けました。

 

 

で、茶葉が萎れてしっかり捻じれる状態になったところでこの次に、通常は揉捻機にかけるのですが、こちらもまた萎凋機と同じく香りが持ち味の品種についてはその前に、この炒葉機(しょうようき)にかけて軽く炒るのだそうです。

 

IMG_2392.JPG

 

まさか紅茶製造で釜炒りという工程が入るとは…!

釜炒り緑茶生産地ならではの製法です。

またメカラウロコGET。

 

 

・揉捻

IMG_2393.JPG

↓終わったら下に降ろしてコンテナへ

IMG_2399.JPG

 

 

・発酵

IMG_2398.JPG

こちらも都度発酵具合を確認しながら、無理に温度を上げずに自然の流れに任せ4時間ほど発酵させるのだとか。思いのほか長め。

 

・発酵止

・乾燥

うっかり機械単体を撮っていないテイタラク。

IMG_2400.JPG

 

手前の女性が担当されているのが、烏龍茶の殺青と紅茶の発酵止に使われる、酸化酵素の活性を止めるための炒葉機。

これも、萎凋機・揉捻前の炒葉機と同じ品種で使われるそうです。

設定時間になると筒が傾き置いているザルに茶葉が入るというハイテク感。

製茶後熟成が見込まれる品種については発酵止をしないそうです。

 

右奥のドラムっぽいのが乾燥機です。

内部で茶葉が回転しながら乾くことで、国産紅茶でよく拝見する、くるんと捩れた形状の茶葉になるのだなぁ。てくを。

更にメカラウロコだったのは、乾燥の温度。まさかの60℃未満。

それを超えてしまうと、イモっぽい感じになっちゃうとは社長談。

この温度でも乾くのだなぁ。てくを。

グリニッシュ感の最たるポイントかと、推察。

 

乾燥茶葉を更に仕上げる場合に使う乾燥機

IMG_2394.JPG

ベルトコンベアーで動きながら徐々に乾燥していくそうです。

だーここがウロ覚えだ…

総てに使うわけでは無かったと思います。はい。また復習行こ(笑)

 

 

一連の製茶作業を目の当たりにできる贅沢に悦に入っておりましたら、

別のお部屋にはまた初対面の面白いものが…!

 

ティーバッグ製造機

IMG_2405.JPG

 

四角型か三角型かはスイッチひとつで切り替え可能…凄い!

ティーバッグご担当のかたが店主と同じ名前えりこさんということでキャイキャイ。

 

自社の分は勿論、各地から送られてくる茶葉の加工もされているそうです。

渡りに船、当店のテクテクティーも委託する運びとなりました。ご案内はまた改めて。

 

抹茶製造機

iPhoneImage.png

内部にある臼で粉末状になった抹茶ができあがっていました。

 

 

 

ダメだ、もう面白すぎる…!とウハウハしていたところで、ちょっと飲んでみますかと、試飲茶会。

 

IMG_2401.JPG

 

ウハウハ継続です(笑)。

同じ工場で作られている、品種も季節も違うお茶たち。

こちらの主力である品種「みなみさやか」の風味がダントツ突き出ていました。

先ほどの釜炒り工程が入ってこその香りだそうです。

クチナシ(今年覚えたての香り・笑)よりもクチナシかも、という花の香りが鼻腔を開きます。

 

紅茶のみならず烏龍茶まで、自称ガブ呑み店主がギブアップするまでどころかギブアップしてからもなお色んな茶葉を試飲させていただきました(笑)。

印象に残った3つとも仕入れることができましたバンザイ!

また今後、国産紅茶ローテーションに組み込んだり、何かしらのイベントなどでお届けできればと考えております。

 

注文した茶葉を探して下さるスタッフさん

IMG_2402.JPG

超リスキー、天まで届け、茶袋階段。

 

 

試飲中、元気な声で「日干(にっかん)でーーーす!」との掛け声がかかり、一緒に試飲していたスタッフさんたちが作業のため其方へ。

 

日干

IMG_2404.JPG

摘まれてきた茶葉たちの日光浴。季節や気温で時間を調整し、陰干しに移し、こののち萎凋の工程に進みます。

午前中でこんなに全部見せていただけるなんて、夢のようでした。

 

求める味によって色んな製茶方法があって、だから同じ品種でも農家さんによって仕上がりが全然違うことに合点がいきました。

大変勉強になりました。

 

感嘆で脳がいっぱい。

試飲でおなかいっぱい。

お人柄で胸いっぱい。

 

心身満タンで御礼と共にその場を後にしました。

社長、スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

五ヶ瀬紅茶を淹れるときの愛情が倍以上増したのは確かなようです。

 

宮茶房から車で3分ほどの五ヶ瀬ワイナリーからの眺め

そりゃ美味しいお茶できるわなぁ、の標高を実感。600〜700mほどだそうです。

お茶もいいけどワインもいい。自分用土産にワイン調達。

 

 

この後の阿蘇旅はまた次回。

宮茶房さんの「」、環境依存文字らしいので、ご覧になっている媒体で文字化けしていたら申し訳ございません。

また一応チェックしましたが、逆に宮崎県の「崎」になっていた箇所があればご指摘下さい。

変換の都度どっちがどっちだとごっちゃになってきたりして(笑)。

 

 

明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、どちゃくそ暑い中でのご来店、誠にありがとうございました。

どうぞお身体ご自愛くださいませ。

 

 

------information ------

 

●8/15(木)コラボイベントについて

「紅茶de茶葉リウム」ご参加募集中です!

 

●8月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+ 朔日 ついたち ) (土日祝の場合は営業)

☆お盆期間は通常営業

※早めクローズ…8/23(金)16時半クローズ

※臨時休業…8/30(金)〜31(土)


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 オータムナル/ジュンパナ茶園」

※【限定紅茶】「ニルギリ 2019 ウインターフラッシュ/カイルベッタ茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00
木曜+朔日(ついたち)定休

★access

高千穂リベンジ(旅日記1/3)

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 21:57

こんばんは、朝の仕入れで終始表裏逆で帽子を被っていたことに出勤時気付いたテクテク紅茶や店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

梅雨明けと同時に一気に暑くなり、寝苦しい日が続きます。

異常気象多い中、季節らしい気候に少し安堵もしつつ、健康第一で暑さと上手くつきあってまいりましょう。

紅茶を呑みながら。

季節柄、アイスティーの御注文が多いですが、エアコン効いたヒンヤリ空間で外を暑そうに歩かれている方々を眺めながら戴くポットオブティーはちょっとした背徳感と優越感を味わうことができてお勧めです(笑)。

 

 

さて、恒例ではあるものの、久々でもある、イチ店主が職場のブログにシタタめてしまう旅日記のお届けです(笑)。

意外と過去を辿ってまで旅資料にして下さるお客さまもおられるので、今回もいつかどなたかのお役に立てれば本望とばかりに。

 

それでは離陸致します。

 

瀬戸大橋〜!

 

熊本空港に無事到着し、レンタカーにて出発。

近づくにつれ凄み増す阿蘇山の迫力にドキドキしながら、辿り着いた先は…

 

草千里ヶ浜

IMG_2239.JPG

 

…ここ日本?としても北海道?

北海道以外でこんなに壮大で爽快な景観があるだなんて!!

名の通り、草が千里ほどの絶景空間でした。

 

…阿蘇ナメてました、ほんとゴメンなさい(笑)

 

標高の高さからか、陽が陰るときは風で涼しく、乗馬待ちの馬も過ごしやすげ。

高地ならではの音の静けさも相俟って、とても神秘的な空間でした。

 

 

白川水源

IMG_2233.JPG

伝わるでしょうか、絶対美味しいヤツ、と分かるクリアな水。

手持ちのペットボトルに給水。

何の抵抗も無く体の中にストンと落ちるような美味しい水を戴きました。

 

此処で梅雨明けが報じられ、更に気分がカラリとなります。

 

 

IMG_2232.JPG

久々に見た気がする赤とんぼ。

熊本ってとんぼ有名?この旅で、もう要らんという程見たのみならず車で撥ねてしまいました…南無。

 

ここから運転長いのでと小休憩

IMG_2234.JPG

濃厚なのにスッキリとした阿蘇ジャージーのソフト。美味でした。

 

 

そして愈々、熊本県から宮崎県に入り、1年半越しのリベンジ!

 

 

高千穂峡

IMG_2290.JPG

 

IMG_2301.JPG

 

IMG_2302.JPG

 

天孫降臨と岩戸の2大聖地を抱える「神話のふる里」、高千穂。

1年半前の冬休み、路面凍結により訪問断念した高千穂峡、念願叶って目の中に絶景を収められました。

前日までの大雨の影響で川の濁りが残っていたのは仕方ない。

 

イザナギとイザナミの婚礼の地らしい、隣接のおのころ池には色んな生き物たちが。

 

素敵な色は神のチカラ?的な鴨。ぐわっ。

IMG_2295.JPG

 

観光客の餌に蝶が群がる図

IMG_2293.JPG

 

まさかのチョウザメ

IMG_2296.JPG

 

 

遊歩道には案内猫がおりました。

 

ついてこいニャ

IMG_2297.JPG

 

こっちニャ

IMG_2298.JPG

 

ウチニャ。くつろいでけニャ

IMG_2299.JPG

…あざス、気持ちだけ受け取るッス。

 

 

昼食にはやはり宮崎だったらチキン南蛮っしょ!と意気込んで戴いたのですが、

美味しさ吹き飛ぶ衛生に面食らい、すんませんウチが一番気にかけてるトコなんでと掻き込んでそそくさ退散(笑)

 

気を取り直して、道の駅などちょこちょこと寄り道しながら、此方がリベンジ本番かな、本日のお宿へ。


昨年の冬、晴天の宮崎市内から高千穂へ向かおうとしていたその時に、此方のお宿から、翌朝路面凍結すると思うのでキャンセル料とかは無しで良いから改めたほうが良いですよとわざわざご連絡戴いた経緯がありました。

(→当時の様子はコチラ「No.47 宮崎」)

そのご厚意を戴いたからにはまた改めにゃならん!と、漸く訪問が叶った民宿が、暖心(のごころ)さんです。

 

 

夕食の凄さが民宿超え

IMG_2309.JPG

鹿のジビエやニジマスの味噌焼き、地元野菜のてんぷらなどなどなどなどなななな

 

翌朝の朝食

IMG_2348.JPG

昨晩のボリュームで出てきたらどうしよう…と思っていましたが安堵(笑)。充分量ですが。

 

 

食後の相手は看板犬

IMG_2346.JPG

ゴマ柴メイちゃん9さい。久々のもふもふに感極まります。ありがとうメイちゃん。

 

ホテルに慣れていると民宿ならではの不利点はありましたが、

笑顔が素敵な女将さんに癒されながらゆっくり寛がせていただきました。

 

 

 

夕食後、送迎していただき夜神楽を観覧。

 

IMG_2694.JPG

 

秋の実りへの感謝と来年への祈願の意で、毎秋冬、町内の各集落で33番ある演目を夜通しで奉納する夜神楽を、

観光客の為に各集落が交代で担当して高千穂神社にてそのうち4番だけ毎晩演じておられるそうです。

 

演じる前にどういう舞かを判り易く説明して下さったので、見応えがありました。

歳を重ねたお蔭で愉しめるようになったような気もします。

前方に居た少年ががっくり項垂れていたのを見て、そう思いました(笑)。

 

 

素晴らしい高千穂リベンジとなりました。

既にボリューム過多気味なので、翌日以降の旅日記は次回!!震えてお待ちを(笑)

 

 

昨日は愛犬ぽちの命日でした。

今までの人生で一番泣いた日から9年。

独り暮らしのほぼ店滞在ゆえ次の犬を飼うことはなかなか難しく、ペットロス歴は延びる一方ですが(笑)、時折こうした節目だけでも、お墓に参り心で散歩できたらなと。

ぽちとテクテク散歩しながらコレや!と決めた屋号です。まだ頑張ってるよ、ぽち。

 

 

明日は定休日につきお休みを戴きます。

休み明けの金曜日はもう8月。

また来月も、心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、酷暑の中でのご来店、誠にありがとうございました。

 

 

------information ------

 

●8/15(木)コラボイベントについて

「紅茶de茶葉リウム」ご参加募集中です!

 

●8月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+ 朔日 ついたち ) (土日祝の場合は営業)

☆お盆期間は通常営業

※早めクローズ…8/23(金)16時半クローズ

※臨時休業…8/30(金)〜31(土)


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 オータムナル/ジュンパナ茶園」

※【限定紅茶】「ニルギリ 2019 ウインターフラッシュ/カイルベッタ茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00
木曜+朔日(ついたち)定休

★access

晴女返咲旅

  • 2019.03.08 Friday
  • 21:30

こんばんは、「脱サラ」を脱税と同義と誤解していた過去を持つ脱サラ店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

昨日定休日、確定申告のため税務署へ参じました。

確定申告は面倒な作業ではあるのですが、自分の仕事と生活を数字で振り返る大切な機会を年に一度、戴いている気が致します。

 

同時に菓子製造業の更新へ保健所にも。

テイクアウトの菓子販売を行う者は営業許可とはまた別に取る必要のある許可証で、6年毎に更新が必要ということで、今回が初めての更新です。

6年か…。しみじみ。

焼菓子はテイクアウトも多いので、更新必須。

イートインのお客さまがご自宅でのお茶請けにと買って下さったり、

特にほろさくッキーに関しては結婚式のプチギフトにガッツリオーダー賜ったりと、当店になくてはならぬ焼菓子です。

 

「ほろさくッキー」が名称ですが、

さくほろクッキーとか
ほろほろクッキーとか
テクテククッキーとか

別称で呼ばれたりすることも屡(笑)

 

iPhoneImage.png


「ほろさくまでは平仮名で、ッキーだけカタカナ。」

「魂込めて付けた名前なのでちゃんと憶えていただきたいなぁ」などと開業当初は思ったりしておりましたが、

味をお気に召していただければ名前なぞ、というのが現在の心情。


お茶請けに、ぜひどうぞ。

確定申告を終えスッキリ店主が心込めて焼き上げた確定申告ッキー(云いたいだけシリーズ)。

イートイン、テイクアウト、双方スタンバっております。

 

 

さて、極々一部の方々お待ちかね(笑)の、余談 de 旅日記です。

この後10月まで訪れぬ連休を恐れ、折角の連休に飛ばねば勿体無いオバケが出る気がして、逆に現時点かなりハイペースな飛行機旅に…。

 

本当は流氷をこの目に収めるべく旅先を北海道に決めたのですが、一気に温かくなり流氷も遠くへ流れてしまい、行ったところで只の海…の為にデッカイドウを移動するのはあまりに勿体無い、と流氷はまたの機会(…とは言え温暖化で年々ハードルが高くなっているらしいのですが)にして、急遽ガッツリ札幌滞在に変更したのですが、さて札幌もそれなりにそこそこ回った感、それでもまだ未踏の地はあるもので、今回はそんな場所へお邪魔したりしてみたら結局やはり札幌だけでもデッカイドウで、結局いつも通りフルスロットル旅になったという、そんな旅日記です(笑)。

 

それでは離陸いたします。シートベルトを今一度ご確認下さい。

 

IMG_8959.JPG

スターアライアンス塗装の777で北海道到着!

 

 

何度来ても嬉しくなる北海道です。

更に地味に一番嬉しかったのは、旅先で久々に快晴を味わえたことで…いつ振りでしょう、太陽が笑ってくれた旅…(笑)。

そのためもっと寒いかと思っておりましたが、全然寒くない。寧ろ着込んで乗り込んだので暑い。

 

【旅情編】

★豊平峡温泉

IMG_8996.JPG

2年前はヒトっぽかったのがクマっぽく回帰していました。

 

(参考:2年前の同場所)

 

 

定山渓温泉を通り過ぎ、このクマさん雪像を進んだ先に、店主が日本一(暫定)好きな温泉、豊平峡温泉があります。

札幌中心部からはかなり離れているので車が無いと厳しい場所ながら、冬の札幌なら此処は不可避だなと。

 

驚いたのはこんなところまで来たか…という数の近郊国の観光客の多さで、ニッポンの露天風呂でアウェー感は勘弁してー!といきなり耳が疲れましたが、途中から一気に引いたお蔭で最後は落ち着いて…結局2時間近く入浴。同時に日光浴でもあったので日焼けした気もしますが、このスマホ必須のセカセカご時世に、何も持たず纏わず流れる雲を眺めながらユルユルと…なんという贅沢な時間でしょう。

こんなヒトトキを過ごせる今に、感謝。

 

 

★北海道大学

IMG_9201.JPG


 

正門から奥へ進み…

北海道大学となる前身、札幌農学校の第2農場へ。

一戸の酪農家をイメージした模範農場としてクラークさんの構想により開設された、現在は国の重要文化財に指定され、観光地として管理されている建物群です。

 

IMG_9228.JPG

 

冬は外部観覧のみということで、雪道をジャリジャリと建物を眺め歩いたのですが、この牛舎はじめ、木板の使い方がとてもお洒落でした。

 

 

北海道内最古のサイロ

IMG_9218 (編集済み).JPG

 

製乳所

IMG_9221.JPG

絵になる…。

 

 

第2農場以外でも其処此処と、大学構内見どころ満載で、店主のように明らかに学生でない(気分は学生・笑)観光客も多かったです。

キツツキにココココ…と木がキツツカれてる音や、コケコッコーやらモーモーやらのユルい声が知的空間で聞こえてくるのが魅力的な国立大学でした。

 

 

絵になる構内

IMG_9202.JPG

 

 

IMG_9205.JPG

 

ポプラ並木

IMG_9208.JPG

 

上のポプラ並木のクローンが並んだ、その名も平成のポプラ並木

IMG_9225.JPG

2030年には同じ高さに追いつくのだそうな

 

 

ここ札幌ですか、これ大学ですかレベルのTHE北海道

IMG_9229.JPG

北の国から歌わずにはいられない。夏場は牛さんが放牧されているそうです。

 

 

★北海道神宮

IMG_9231.JPG

地元のかたから海外のかたまで、ひっきりなしに迎えてくださるご神殿。

しまねっこを彷彿させるフォルム…

 

IMG_9335.JPG

御朱印 with しおり、戴きました。

文字の大きさ、バランス、店主好みの美しい字!眺めるだけで幸せになります。有り難や。

 

 

★円山動物園

IMG_9232.JPG

 

神宮から徒歩10分で行ける動物園。

サクっと眺めて…のつもりが、思いの外に見応えを喰らい、結局2時間ほどガッツリ滞在してしまいました。

 

カンガルーさん

IMG_9243.JPG

 

 

ユキヒョウさん

IMG_9255.JPG

 

トラさん

 

カバさん

IMG_9155(Edited).jpg
 

 

ハイエナさん

IMG_9250.JPG

 

ミーアキャットさん@店主的MVP

IMG_9244.JPG

 

IMG_9249.JPG

 

ずっと窓のパッキンを剥がそうと前脚でカリカリカリカリ…

動画に収めたのでツラくなったときは癒されようと思っております(笑)。

ご覧になりたいかたはご来店時に店主まで。

 

 

 

シロクマさん

IMG_9257.JPG

狭い場所を何度も往復する姿に、少し哀愁…

 

其処此処に、可愛いイラストPOPが。動物園の工夫を感じます。

IMG_9337.JPG

動物1匹1匹、個性を大切にして飼育展示しているのだなと感じました。

 

 

 

 

【北の幸編】

★ONSEN食堂

IMG_8994.JPG

豊平峡温泉に併設されている、ネパール人の作る本格的カレー屋さんで、源泉流れ湯気が昇る川を眺めてランチ。

「ラムカレー」と「ハスカップナン」を頼んだつもりが、

「ラムカレー with ナン」と「ハスカップナン」が目の前に来て心で仰天した、入浴前。

どうにか完食できたのは、ナンが美味し過ぎた所為です。

 

 

★成吉思汗だるま

IMG_9004.JPG

どうしてもこの旅でジンギスカンは食べたいと思い、行くお店を決めていたのですが貸し切りに重なってしまいお先真っ暗…切り替えて10年以上ぶりにジンギスカンの代表格のお店へ向かい、中国人だらけの中に1時間並んでまで戴きましたが…

…あれー?上を頼んだのに肉固い、玉ねぎ辛っ、うーん、ビールだけが美味しかった(笑)

 

 

というわけで、口直しじゃーと、やはり行きつけに立ち寄るの巻

IMG_9037.JPG

 

★すしほまれ

IMG_9010.JPG

 

札幌にご旅行される友人知人お客様には必ずオススメしている、道産子大将のお店です。

食べてきたのでちょっとだけ、と云ったにも関わらず沢山出るわ出るわで(笑)

結局1軒目使いとそう変わらん量の美酒佳肴を浴び、案の定翌日は寝不足の二日酔い…

 

 

IMG_9011.JPG

 

IMG_9015.JPG

 

IMG_9016.JPG

名物、湯呑みサイズの御猪口(酔)

 

 

〆のスープはホテイウオ(ゴッコ)のスープ

IMG_9027.JPG

 

「これがそれ」とどーんと現れたホテイウオ(ゴッコ)

IMG_9026.JPG

インパクトがもう(笑)全身コラーゲンのブルンブルン。

 

 

★brasserie coron with LE CREUSET

テレビ塔を眺めながらディナー

 

IMG_9276.JPG

ワインも煮込みハンバーグもお野菜も、北海道産の地産地消メニュー。

玉ねぎが、甘い…!前日の例の玉ねぎと否が応でも比較されます(笑)

江別の奄夢豚で作られたハンバーグもほろっと柔らかい口当たりでとても美味しかったです。

北海道食材のポテンシャルを上手に料理に仕上げて下さってありがとうございました、と密かに心で御礼。

 

 

【カフェ編】

★坂の上の最中

IMG_8970.JPG

 

IMG_8967.JPG

 

定山渓温泉のお宿併設のオサレ最中屋さん。

ムースとフィナンシェを最中で挟んで、ガブリ。
酒粕の風味やピスタチオの香ばしさがそれぞれ口の中に拡がり、美味しい&面白いが同時に味わえました。

 

 

★森彦

IMG_9200.JPG

 

IMG_9199.JPG

 

ほっこり空間のお手本的佇まいです。

ネルドリップの柔らかい珈琲、軽やかな食感のガトーフロマージュ…最高。

 

 

★パフェ、珈琲、酒、佐藤

IMG_9284.JPG

 

IMG_9290.JPG

 

札幌でブームなる「シメパフェ」、火付け役のお店で初体験。

限定のニコイチパフェを戴きました。

 

これはもう、ばえーでしか無い…!

豆乳や抹茶や柚子や栗や苺やバナナや麹や…将に宝石箱やー

 

早めの時間に行ったお蔭ですんなり入れましたが、お会計後には寒い中に行列ズラリ。

札幌らしい、ステキなブームを体感できました。また行きたい。

 

 

すしほまれの大将に、「テクテク札幌支店出したらどうさ」と云われ、「カラダ1体足りへんな〜」などと返しながら良い気分でお店を後にし、雪降る札幌駅界隈を歩きながら、ふとその会話を思い出し、此処で生活する自分を想像してみました。

 

…あれ、なんか、普通にしっくり来る…(笑)

とは言え、まだまだ箕面で地に足付けて紅茶屋やりますよ!

 

道民度がまた少し上がった、そんな2泊3日でした。最終日の早朝弾丸通勤営業っぷりが酷かったのは内緒です。

 

I love ANA


札幌旅の参考になれば幸甚です。

というわけで、ほろさくッキー、御愛顧下さいませ(笑)。

 

 

明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、ご来店誠にありがとうございました。

 

 

------information ------

 

●3月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+  朔日 ついたち (土日祝の場合は営業)


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2017 オータムナル/ゴパルダラ茶園"Red Thunder"」

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 ファーストフラッシュ/マリーボン茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00(LO)
木曜+朔日(ついたち)定休
★access

 

 

生チョコからの、Go to GOTO

  • 2019.02.11 Monday
  • 21:27

こんばんは、危うくクシャミで舌を噛み切りそうになったテクテク紅茶や店主です。

3連休ファイナル、建国記念の日も無事営業終了致しました。

 

一気に寒くなりました。

今朝は自転車で雪のなか通勤したのですが、みぞれ気味ゆえ結果的に雨に濡れた出で立ちに。

それでも夏嫌いの店主は、そんな悲しい姿になりながらもやはり冬はこうでなくては、と少し嬉しそうな表情で怪しく自転車を漕いでいたそうな。

皆さま風邪など召されぬよう、お身体大切にお過ごし下さい。

 

 

そして、はい、件名の通り、本日は半分(以上)余談です(笑)。

先日、連休になった定休日に長崎へ赴いた際の旅日記ですので、ご興味湧くかたのみご覧いただければと存じます。

 

…が、その前に気紛れで作ったチョコが思いの外出来栄え良く仕上がりましたので、店主からのバレンタインということで…

当日が定休日なので13日(水)まで…余力あれば延長しているかもしれませんが、いや、どうだろう…ひとまず超ド短期で申し訳ないですが販売しております。

 

タブレット状のトリュフ、生チョコです。

数年前にご用意していたナマチョコとは配合も工程も異なるので、新作扱いです。

 

たっぷりのビターチョコレートと生クリームを丁寧に混ぜて仕上げました。

隠し味に、箕面産の柚子を入れております。あとから抜ける爽やかな感じを演出。

 

 

ちょっとしたバレンタインでも使えるように8個入と、ご自分へのプチ用に2個入りでご用意。

要冷蔵で、お日保ち2週間ほどです。

 

ご賞味損無しと云い切っておきましょう(笑)。

どうぞご都合つくかたはお買い求めくださいませ。

 

 

また、当店冬の風物詩、冬季限定フォンダンショコラは、冬季いっぱいはご用意予定です。

例年、3月下旬、暖かくなる手前まで。此方も合わせてご賞味下さいませ。

 

 

 

さて、是より余談で離陸致します。

今回の目的地は、五島列島。

 

五島列島も思いの外広く、南北で五島市と新上五島町に分かれており、今回伺った北の新上五島町には船でしか上陸できません。

弾丸旅での飛行機と船の時間を組むのが大変…

普段は青派ですが、今回は時間を優先して赤で…気が付けばなんと伊丹空港で北ターミナルを利用したのは14年振りでした(笑)。

やはり私には青が合っていると勝手に再認識しつつ青にはないエンブラエル社製機に乗れたので飛行機好きとしては通るべき道だったのだと…って余談に輪をかけてどうでも良いですね(笑)。

 

 

さて、そんな具合で急性扁桃炎の処方薬を携えつつ長崎空港へ着陸した瞬間、脳内に流れたBGMは「長崎は今日も雨だった」(大泉洋ver.)←Youtubeなどで調べてみて下さい(笑)

 

また雨。ここ半年ほどの旅はほぼ雨スタートです。

はて店主は一体なにゆえ天気の神様の逆鱗に触れてしまったのでしょう。

 

先ずは船に乗るため、佐世保へ。

船の時間まで余裕があったので、腹拵えに佐世保バーガーいっときましょ。

 

「山本コーヒー」

IMG_8381.JPG
2cm超のパテがふっくらジューシーで美味でした。一緒に戴いたコーヒーも好みの風味で絶品。

 

 

IMG_8382.JPG

お店の床には単品のコーヒーに添えられるらしき落花生の殻たちが。もはやオブジェ的。

 

いざgo to 五島

IMG_8392.JPG

 

IMG_8393.JPG

まだ余裕〜と「バーガーショップヒカリ」の佐世保バーガーで。これが夕食の足枷になることになろうとは(悔)

お味は、先ほどの珈琲屋さんの圧勝。

 

 

海を100kmかけて、念願の五島列島上陸!…ほぼ台風並の暴風雨で歓迎されます(苦笑)

 

 

今回は上五島の中通島を巡りました。

 

キリシタンが弾圧、迫害を受けながら250年もの間密かに信仰を続け、解禁後に建てられた教会が点在する五島列島。

上五島には29の教会があり、いまでも人口の1/4はカトリック教徒だそうです。

お祈りの時間を除いては観光客にも開放されており、時間の許す限りではありますが数多い教会のうち数か所、伺いました。

日頃無宗教の店主なので、教会にお邪魔するのは初めてです(結婚式のチャペル除く)。

主に鉄川与助さんという建築家によるものだそうですが、其々に外観(煉瓦、木、石など)、内装、ステンドグラス等などデザインが異なり、大変興味深く拝観させていただきました。

 

神聖な場所につき、内部は撮影禁止。

特にステンドグラスは内部からしか美しく見えないので、心のシャッターをパシパシ切って焼き付けました。

 

大曾教会

IMG_8580.JPG

 

冷水教会

IMG_8575.JPG

 

青砂ヶ浦教会

IMG_8550.JPG

 

中ノ浦教会

IMG_8456.JPG

店主の中ではこの教会がベスト内装賞。椿の壁、十字架のステンドグラス、可愛かったです。

 

 

桐教会…の撮影は忘れる程、そこからの眺めが絶景の件。

IMG_8460.JPG

まるで石垣島の川平湾を上から眺めた様。

ほんの一瞬の晴れ間、この入り江のブルーが映えた姿が見られました。

 

 

そしてこの上五島で唯一、更に登録されたてホヤホヤの世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「頭ヶ島の集落」にある教会がこの「頭ヶ島教会」です。

 

IMG_8490.JPG

 

鉄川与助さんの設計施工で、お向かいの島から切り出した石を、信者らが船で運び組み立てたそうです。

その石には建築素人の信者に解るようにと番号が振られており、「何番此処に持ってきてー」と云いながら組み立てたとかなんとか。

 

「四九五」「四四五」など採番された外装の石

 

内部は船底のような天井で、椿の彫刻なども美しく、此処もまたデザインが映えた内装でした。

 

 

この神聖な集落を守るべく、観光客は此処へはパーク&ライドの事前予約が必要で、10年以上休港になっている上五島空港の駐車場にレンタカーを停めてシャトルバスで連れていっていただいたのですが、その時間は店主の貸し切りで、店主の為にスタッフやドライバーさんやと6名もの人員が割かれるというなんとも申し訳ない気分になるの巻。お陰様でこの教会から上五島のお話まで色々伺えて、貴重な時間となりました。

 

 

今はドクターヘリの着陸で偶に使われる以外は、「頭ヶ島の集落」インフォメーションセンターになっている上五島空港。

IMG_8491.JPG

いや寧ろ店主には此方のほうが興味深いとかは内緒

 

 

頭ヶ島の集落近くの海辺では、坂本龍馬が海に手を合わせて祈っておられました。

 

IMG_8540.JPG

海難事故で亡くなった弟分の池 内蔵太やその同志たちを悼みに此処へ訪れたそうです。

同じ像が港にもあって、ふと思ったのですが、現代の日本に坂本龍馬の像は一体いくつあるのでしょう。

どなたか御存知でしたらご来店の折教えて下さい(笑)。

 

 

 

教会の数よりは少ないですが、寺社仏閣もありました。

中でもこの奈良尾神社は樹齢669年というアコウの樹が自然の鳥居となっており、生命力に感動。

くぐった時には何かしらパワーが自分に宿ったような気がした…ような。

 

IMG_8604.JPG

 

IMG_8547.JPG

 

 

 

そして今回の上五島の旅、一番特筆すべきは、このお宿でした。

 

マルゲリータ

IMG_8595.JPG

 

ひときわ周囲からも異世界感を放つ粋な建物ですが、元々は国民休暇村だったそうです。

マルゲリータはマーガレットの意味だそうで、所々にマーガレットが植えられています。

 

IMG_8554.JPG

 

2012年開業と、当店と同じ6年の星霜を経ていることに勝手にシンパシー。

よぉこないにオサレにしてくれはったわーと心でコテコテ関西弁。

 

海を眺めお茶を戴きながらチェックイン

IMG_8586.JPG

 

お部屋には日の入りと日の出の時刻表。

IMG_8574.JPG

海へ沈む、海から昇る、何方の太陽も見られる素敵な宿の粋な計らい…ま、悪天候につき何方を見ることも叶わずですが何か。

 

半地下にあるオサレロビー

IMG_8417.JPG

本棚にあった小説をお借りして部屋で読んだり。

 

オサレ廊下1

IMG_8594.JPG

 

オサレ廊下2

 

オサレ廊下3

IMG_8593.JPG


オサレなだけでなく、廊下も部屋も大浴場も、すべてがホコリヒトツ見当たらないほど清掃が行き届いており清潔で、居心地の良さに心ユルユルでした。

大浴場も加温とは言え源泉かけ流しの温泉でお肌ツルツルスベスベに。強風による露天風呂閉鎖が惜しかった…。

 

 

このお宿滞在中に唯一立ち会えた貴重な陽光…

この天使の梯子が照らしている島が、先述の頭ヶ島というのがなんとも神秘的です。

P1210751.JPG

 

 

これだけでも十分価値あるお宿なのですが、トドメは併設のレストラン「空と海の十字路」

 

 

IMG_8558.JPG

 

五島列島の素材を見事にイタリアンに昇華したお料理に舌鼓通り越して悶えました(笑)。

 

★夕食

IMG_8571.JPG

前菜でこのボリュームとは。

五島灘にて獲れたてのカンパチカルパッチョを口にした瞬間、スパークリングとのあまりのマリアージュに「来て良かったぁぁぁ」と感涙。ギリギリ心で。

 

 

IMG_8570.JPG

真鯛のバターソテー。レモンの酸味と、上に乗っているクスクスが絶妙な仕事っぷり。

 

あのー…もうお腹いっぱいなんですけど…佐世保バーガー2つ食べたことを後悔し始めます。

 

IMG_8569.JPG

サザエと生ハムのアーリオオーリオ。五島灘のサザエの肉厚感が、美味しさと苦しさのハザマ(笑)。

 

IMG_8568.JPG

ラスボス、五島牛の赤ワイン煮込み。柔らかい…旨い…しかしほんとキツい…

こ、このわたしが残すわけにはいかない…!と赤ワインに応戦頼みどうにか完食!

 

IMG_8566.JPG

トドメはモンブラン。甘いものは別腹と申しますが、確かに。

紅茶が薄かったのだけが惜しい。しかし紅茶屋がそんなのも些細な事、と許してしまえる程のホスピタリティ。

 

 

★朝食

IMG_8438.JPG

自家製ジャム付きパン。みかんジャムや玉ねぎジャムなど、其々素材の味が分かる素朴なお味に癒されながら、ミネストローネスープと一緒に。

 

 

IMG_8561.JPG

ソーセージ&スクランブルエッグの破壊力。また朝食でもお腹いっぱいに…

 

IMG_8560.JPG

上記に加え、パンケーキやフレンチトースト、五島うどんまで、あとはどれでも好きなだけ頼めるというサイドメニューがズラリだったのですが、いやいや無理ッスけど、折角なのでデザートだけでも…とアップルパイをオーダー。

紅茶が好きなだけ戴けるのは有り難い。

 


普段は外であれこれする為に便利なことを優先に宿泊先を選びますが、

此処は此処に宿泊する為にまた船に揺られてでも伺いたい、非の打ち所がない、素晴らしいお宿でした。

店主宿泊先では暫定1位です。またいつか、自分への褒美にしよう…。

 

 

島を離れる前に、これは欠かせぬ、五島うどん。

 

「五島うどんの里」

IMG_8545.JPG

ツルツルもちもち。あご出汁が美味でした。

これで、日本五大うどん現地制覇まで、残すところあと1つ(氷見)。

 

IMG_8487.JPG

 

上五島で出会った方々は、付かず離れずの優しさでもてなして下さり、それがとても心地良い一人旅でした。

夏がいいよ、海の綺麗さも全然違うよと仰せだったので、季節を変えて、また伺えたらなと思っております。

 

P.S?

五島の焼酎「五つ星」

IMG_8502.JPG

年間2000本しか作られない、島でしか買えない、高いけど買っちゃう条件整ってしまっている焼酎。

香りの立ち方がとてつもなく華やかでフルーティーなのに飲み口はスッキリという上品な味わいです。

 

 

船の復路では長崎港へ。

やはり佐世保港より俄然大きい。

航海中は常時4Gで、上五島の陸地では時折圏外…頑張れ五島列島(笑)

 

IMG_8611.JPG

 

 

長崎市内は街中が翌週に控える(つまりは現在開催中)ランタンフェスティバルの為の装飾に溢れていました。

 

 

IMG_8535.JPG

 

IMG_8533.JPG

 

IMG_8612.JPG

 

今頃このランタンたちが艶やかに輝いていることと存じます。

数年前に会期中を目の当たりにして感動しただけに、点灯していないランタンたちにもどかしさを憶えたことは否めませんが、街中が華やかで気分も高揚。

 

 

「江山楼」

IMG_8497.jpg

長崎ちゃんぽん、旨い!アサリの出汁がガツンと効いていました。

 


 

早朝の長崎新地中華街

IMG_8509.JPG

数時間後、テクテク紅茶や到着、オープン時間まで必死のパッチ。

 

 

余談投稿にお付き合い下さったお客さま、ありがとうございました。

旅好きなお客さまとのお話のタネになれば、そして旅好きなお客様の何かしらの参考になれば幸甚です。

 

 

明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、寒い中のご来店、誠にありがとうございました。

 

 

 

沖縄旅

  • 2019.01.14 Monday
  • 22:12

こんばんは、テクテク紅茶や店主です。

旅人モードから急ピッチで紅茶屋モードに切り替えていただけた3連休の営業、無事終了致しました。

 

成人の日。

ご成人迎えられた皆さま、おめでとうございます!

店主の云えることはただひとつ…命短し旅せよ乙女。

 

連休中にお越し下さったお客さま、寒い中のご来店、誠にありがとうございました。

 

まず最初に、

【気分限定】チーズケーキ

お問い合わせ多く戴いておりますが、皆さまからの好評が嬉しく、製菓も楽しく、今のところご用意続けております。

気分か材料が尽き次第終了予定ですので、どうぞ近々、お立ち寄り下さい。

 

 

さて、今回はほぼほぼ余談の投稿、この3日間残業してまで仕上げた(笑)、恒例の旅日誌です。

 

皆さまがお休みされる年末年始は皆さまをお迎えし、

その後お休みを戴くここ数年の当店のスタイルですが、

そのお休み4日間をフルで使って沖縄県へ旅に出ました。

 

紅茶に触れる旅でもあったので、「ほぼほぼ」にしておりますが、営業については最下部のinformationをご覧いただければ充分です。

毎度のことながら、店主の旅記録を楽しみにして&愉しんでくださる、稀有なお客さまのみご覧下さいませ…

それでは離陸致します。

 

IMG_7809.JPG

 

伊丹-那覇間の飛行機が往復ともB787だったことでこれ以上無い贅沢移動(店主調べ)に…喜、嬉、幸。

 

 

IMG_8165.JPG

 

ここ数年、離島に気を取られていたもので、

沖縄本島を巡ったのは…スピッツのとげまるツアー参戦以来なので…8年振り!ご無沙汰しておりました。

 

今回、幸いにお休みが合ったので、親しくさせて頂いている茶農家、ハサマ共同製茶組合さんとの女子旅に。(幾つになろうと女子だと自分を甘やかす)

一人でない旅も何年振りでしょう。

お蔭で久々に自分の写った写真が多い(笑)。

 

 

にしても、もうここのところ、いつ旅に出ても雨なんですけどー。

そんなに日頃の行い悪かったっけかな…

とは云え「くもり 時々 雨」程度で済んだのは御の字、と思うプラス思考と、

沖縄の海は晴れてこそ美しいのに、そして沖縄のクセに寒い!というマイナス現状がケンカした本島で2泊お邪魔した宿泊先が此方です。

 

海辺の宿あまみく@今帰仁

IMG_7852.JPG

 

IMG_8155.JPG

 

IMG_8130.JPG

 

当店のお客さま用に定期購入している雑誌「BRUTUS」で目にした、

「紅茶農家が営むティールーム併設の宿」。

いつか行きたい!と夢にしていた宿でした。3年越しの夢が叶った次第です。

 

 

ご家族で住まれているご自宅と1Fのティールームが繋がっていて、その上に2部屋だけある宿。

部屋が海の上に浮いているような錯覚を起こす絶景部屋でした。

 

IMG_8158.JPG

モデル:ハサマの姉さん(年下)

 

IMG_8162.JPG

 

朝には看板犬兄妹を浜辺で散歩させてもらったり。

 

IMG_8133.JPG

琉球犬の母を持つ兄妹、ビンゴとサンゴ

 

iPhoneImage.png

 

犬の散歩も8年振り。愛犬ぽちを思い出させる元気っぷり!

 

iPhoneImage.png

 

散歩のご褒美?に戴いたスイカ!1月でも普通に収穫できるとはさすが南国。

IMG_8127.JPG

 

 

 

1Fのティールーム

IMG_8156.JPG

 

 

ティールームでは看板猫がメニュー見せてくれなかったり。

 

IMG_7851.JPG

 

動物好き、紅茶好き、といろんなツボを押される心地良さに心がユルユルです。

 

IMG_7850.JPG

 

此方の紅茶はご夫妻で作られており、2018年の国産紅茶グランプリでは準グランプリを受賞しておられます。

それを2017年プレミアムティーコンテストチャンピオンに輝いた茶農家、ハサマさんと一緒に戴くという、なんとも背筋の伸びるシチュエーション(笑)。

 

作り手さんが淹れるのですから、これ以上のコンディションはありません。

(当店での「うしろやま」然り)

べにふうきで作られたならではの香りと風味がスッと心身に浸み込む美味しい紅茶でした。

お茶請けに戴いた独特の食感の甘いお菓子は冬瓜漬(とうがづけ)。

沖縄の伝統菓子だそうです。冬瓜と砂糖だけで美味しいお菓子になるとは…。

 

 

そして翌日には、あまみくさんの先輩ともなる、そして2018年の国産紅茶グランプリでグランプリ受賞された茶農家さんを訪問。

 

金川製茶さんの茶畑@名護

IMG_8121.JPG

 

淹れていただいた紅茶の茶殻たち

P1210602.JPG

 

IMG_8118.JPG

 

色んな角度、視点、状況から茶葉を作ったり紅茶を淹れたりと、舌を巻くを通り越してもうこれは科学者だ…

 

この金川製茶さんも、宿のやんばる紅茶も、共に量産が難しい現状で、当店のお客さまに気軽に手頃に呑んでいただけないことが残念なところですが、とっておきの一杯として愉しむ紅茶を作る茶業スタイルを確立されていくのだろうな、と思います。

ほんっっっの少量だけ購入したので、ブログやSNSでは案内できぬままに、しれっと国産紅茶ローテーションに組み込む予定です。なかなかのお値段にはなりそうですが、タイミングが合えばご賞味下さい。

 

 

 

 

で、旅に戻ります(笑)。

宿のティールームで使われているティーカップを作られた作家さんの工房が、読谷にあるやちむんの里にあるということで車を走らせました。

 

やちむんの里@読谷村

IMG_8031.JPG

 

一般的なやちむんとは一線を画した作品がズラリ。

ティーカップは現在は製造されていないそうで、沖縄ブルーを彷彿させるお皿を購入。

ほかやちむんの里内にあるガラス工房にて、琉球ガラスで作られたグラスを購入。

作家さんのイッテンモノはやはりお値段張りますが、毎夜沖縄を思い出しながらの晩酌ができそうです(笑)。

 

囍屋の看板猫

IMG_7881(Edited).jpg

猫まで作品のようだ…

 

 

【沖縄本島:食事編】

 

「道の駅許田」

IMG_8036.JPG

 

IMG_8039.JPG

 

当旅の1食目は、食が充実した超有名な道の駅にて、アーサそば&おっぱ牛乳のジェラート。

沖縄モードのスイッチ入りました。

 

 

 

「北山食堂」@今帰仁

IMG_7848.JPG

 

IMG_7845.JPG

 

昭和歌謡流れるレトロな店で、木綿のハンカチーフなど口ずさみながら、

オリオンビールに始まり今帰仁の泡盛、海ぶどう、ミミガー、ちゃんぷるー、島ダコなど…ウチナンチュ気分で気分上々。

 

IMG_7842.JPG

 

帰舎後爆睡。

 

 

「コメルコーヒー」@今帰仁

IMG_8035.JPG

 

DIY感満載の珈琲屋さんでモーニング。

ジーンズのエプロンが似合うお兄さんたちが製菓されていて、ミキサー音がBGMの居心地良い空間で美味しい時間を戴きました。

 

IMG_8154.JPG

 

IMG_8153.JPG

 

IMG_8152.JPG

 

 

「朝日レストラン」@名護

IMG_8113.JPG

 

シェフの背後にあるサインで気付かれたかたは流石ですが、大泉洋が絶賛していたので伺った次第です。

 

一組にシェフ一人付いて目の前の鉄板で焼いて下さったものをすぐ戴けます。

赤身の柔らかいステーキが…むはーむわー

翌昼までニンニク漂うハメになりましたが、おいしいさーなんくるないさー

 

 

「ポークたまごおにぎり本店」@那覇空港

IMG_8026.JPG

空港に本店!?と思ったら、支店含めてすべて本店でした(笑)。

島豆腐と油味噌が絶妙におにぎりに合う合う!那覇空港で銘店発見。今後も時間の無い時に重宝しそうです。

 

 

 

【南大東島編】

 

IMG_8019.JPG

 

青派(ANA)につき何年振りかも思い出せない程ですが久々のJAL系列・RACに搭乗、那覇から1時間かけて離島上陸!

本島の天候を見事巻き返し、快晴です!暑い!これでこそ沖縄!ヨシャー

と喜んでいたら着いて早々蚊に刺されまくった1月。かいぃ。

 

IMG_8018.JPG

南大東空港全景。可愛すぎる。

 

 

「何でまた此処(南大東島)に?」

あまり観光地化されていない為、宿の方が毎回宿泊者に聞かれるそうです(笑)。

 

今回の旅は小説を読んで行き先を決めました。

 

 

絶海の孤島、南大東島でラム酒を作った女性の話。

実話をもとに作られたフィクションなのですが、読んでいるだけでその光景が脳裏に浮かび、更にお取り寄せしたこのラム酒の芳醇な香りにヤられてしまい、その時点で次回の旅先は此処だ、と決めた次第です。

(製菓用と称して店頭に1本置いておりますので、ご興味あるかたはヘッポコバーテンダーがご用意致します。)

 

南大東島の宿は此方。

 

「コテージKIRAKU」

 

IMG_8016.JPG

 

窓を開ければサトウキビ畑。最高かよ。

 

IMG_8015.JPG

 

 

快晴ですが、天候に左右されないアクティビティーから島時間スタートです(笑)。

島のツアーを一人で担っておられる東さんのガイドのもと、地底湖ツアーへ参加しました。

 

付け焼き刃ゆえ些少の誤りがあるかもしれませんが、この南大東島は火山に珊瑚が堆積&隆起を続けて出来た島で、今でも年間7cmほど北へ移動しているのだとか。

その珊瑚からできた石灰岩による鍾乳洞が沢山あり、一家に一鍾乳洞だそうです。これはもう大阪のタコ焼き器宛ら(笑)。

質も量も、世界的に貴重とされているそうです。

 

 

探検隊出動!(初級コース)

OKPD6559.JPG

様々な形の鍾乳石を説明いただきながら進みます。

2時間後、水にドボンと嵌まり左半身ずぶ濡れヘッポコトレジャー

OKPD6613.JPG

 

OKPD6500 (2).JPG

天井一面に金が!!

…とテンション上げさせておいて実はただの水滴というトラップ。鍾乳洞の為せる錯覚業

 

OKPD6586.JPG

 

大きなスプーンの形になった自然の造形美を体感する鍾乳石と織りなされる地底湖の美しさと云ったらもう。

透明度と不思議なブルーは表現できない美しさでした。

 

探検で何かを得た背中

OKPD6647 (2).JPG

 

 

ついでだからと東さんがトレジャーのまま連れてって下さったのは、この旅のキッカケをくれたラム酒工場。

 

IMG_8004.JPG

小説通りだー!

空港だった跡地が工場になっている、グレイスラムさんです。

OKPD6663.JPG

 

小説にも登場した杜氏さんに工場を見せてもらいます。

 

OKPD6659.JPG

 

来週から収穫された島のサトウキビを精製して発酵、蒸留、熟成し、来年の6月頃に瓶詰し商品化。

酵母をどれが最適かなと毎年変えているそうで、毎年風味が微妙に違うのだそうです。

 

サトウキビから1年半かけてラム酒になるというロマンを識ったヘッポコトレジャー。

翌日、トレジャーでない通常ver.で購入させていただきました(笑)。

 

 

更にその後海を見たがったヘッポコトレジャーを連れてってくださった真のトレジャー東さんと。

OKPD6672.JPG

 

この東さんがこの南大東島でのちに出会う方々と全て繋げて下さいました。優しさと人脈パネエです。

 

 

陽が沈み、夕食を終えてから、スマホのライトだけを頼りに暗闇をテクテク進んでまたこの海岸へ。

 

今までの人生で間違いなく1位の星空が頭上に拡がっていました。

 

空一面、星。

星星星星星星星星。

 

オリオン座って外枠4ツの間にこんっっっなにも星があったのか!

いつも見ているオリオン座と同じなのかと訝るほどです。

その横に流れるのは天の川…

「嗚呼。なんだこれ。」と何度呟いたことか。

一人で来ていたなら絶対に泣いていたと思います(笑)。

しかしあの暗闇を一人で進む勇気はなかったとも思います(笑)。

 

素人カメラではまったく歯が立たなかったのでしかと目に焼き付けて帰途につきました。

オリオン座を見ながらオリオンビールとは、我ながら洒落た星空観察をしたものです。

溶けたアイスが袖に付きベタベタでしたが、それもまた、忘れ難き思ひ出。

 

また帰舎後間も無く爆睡。

 

 

翌日は、探検した鍾乳洞とはまた違う、観光用に整備された鍾乳洞へ。

 

星野洞

IMG_8108.JPG

 

「一家に一鍾乳洞」と申し上げたように、此方は星野さんの鍾乳洞なのだそうです。

いつか星野源来たらいいね、などと思ったり思わなかったり(笑)

 

想像つかない年数をかけて形になった自然の造形美たち。

観光用に保存管理されていて、世界一美しい鍾乳洞とも云われているそうです。

 

IMG_8102.JPG

 

鍾乳石で間接照明

IMG_8101.JPG

生きている鍾乳石だけ光が通るんだそうです。

 

 

 

バリバリ岩

IMG_7929.jpg

 

先述の「動く」南大東島の証でもある、地殻変動により巨岩が割れた裂け目を通れる場所。

両端の岩が防音壁になっているのか、鍾乳洞宛ら、静寂の音が聴こえるほど無音状態で、本島の御嶽のような厳かな雰囲気がありました。

 

 

その後、宿泊先のオーナーさんがサトウキビ収穫してるけど見に来る?とお誘い下さり、ハサマ姉さん(年下)の農家の血が沸騰し、この旅一番の熱量で行く!!と即決(笑)。

 

結果的に一番この旅で思い出に残ったサトウキビ収穫見学

IMG_8006.JPG

 

サトウキビを刈るハーベスター。カッコいい…!ハウルの動く城のような佇まいで根元からサトウキビを刈ります。

IMG_8077.JPG

操る人はオペレーターと呼ぶそうで、島最年少のオペレーターは24歳の爽やか青年。

あまりの純朴っぷりに心が浄化され、自分も擦れたな…と思わされたわけで(笑)

 

 

ハーベスターで刈り取ったサトウキビを製糖工場まで運搬する車。

IMG_8012.JPG

刈りながら動くハーベスターに合わせて移動してサトウキビを荷台に受けていくので、難しそうです。

 

 

てんこ盛りサトウキビ。これで4tほど。運搬、収穫を1日中繰り返すのだそうです。

IMG_8075.JPG

サトウキビのお仕事は儲けが大きいらしく、ほぼ全島民がサトウキビの仕事に携わっているため、島全体が潤った生活を送れているのだそうです。…いいな(笑)

 

刈り立てのサトウキビを純朴オペレーターが剥いでくれて、齧らせてもらいました。

IMG_8022.JPG

サトウキビの搾り汁とはこういうことか…!幸せなさらさらシロップが喉を通り過ぎました。

仕事のお邪魔でしかないのにどんだけ優しいねんレベルで良くして下さった、此処にはシタタめきれない濃厚な時間と経験でした。

ほんとありがとうございました。名刺すらご用意してなかったので絶対伝わらないけれども(苦笑)

 

 

【南大東島:食事編】

 

「大東そば」

IMG_8014.JPG

 

IMG_8023.JPG

 

縮れたしっかりした食感の麺は、もはや、そばではなく、うどん(笑)。

沖縄そばらしい優しい出汁にコーレーグースを少し入れて…汁ごと完食。

お店が少なかったこともありますが、とても美味しかったので結局2日連続此方で昼食を取らせていただきました。

 

セットで戴いた大東寿司

IMG_8068.JPG

 

甘酢めしに漬け込んださわらを乗せた、南大東島の握り寿司。

…しまった、2ヶ月前のむかわ町でのししゃも寿司に続いての失態。サビ抜き伝え忘れてた…

のですが、少量だったので美味しく戴けました。ほ。

シャリとヅケの一体感に舌鼓。

 

 

夜ご飯を食べる店は全て居酒屋というこの島。

いつも島民が集っている場所にお邪魔し、島の幸を戴きました。

 

「居酒屋ちょうちん」

IMG_7918.JPG

↑てびちーのおでんなど↓ナワキリ(島で獲れる深海魚)のバター焼

IMG_7919.JPG

ビールにも泡盛にも合う万能な味深い白身魚でした。

 

しかし何が凄いかってタイミング良く島の商工会の粋な企画で旅人1人につき2千円の居酒屋クーポンが。

会計、驚愕の300円。御馳走様でした。

 

 

空港までの送迎は宿の奥様がしてくださったのですが、サトウキビ収穫見学中にハサマさんを見初めたサトウキビ畑の78歳大地主が見送りに来られてドリンク馳走して下さり搭乗ギリギリまでお話しておりました(笑)。

 

もう兎にも角にも出会うすべての島人が、自分の住むこの島を愛しておられ、その島に来た私たちを親戚のように温かく迎えて下さり、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」のサビがエンドレスループ。

 

結論、1泊2日では全っっっ然足りませんでした…

「また来ます」を出逢った島の方々にひたすら言い放ち、自分にプレッシャー与えてから(笑)名残惜しくも島を後にしました。

 

IMG_7984.JPG

 

最後の最後まで…!

 

と思っていたら伊丹空港で荷物引き取ったらこんなに最後の最後まで…!!

IMG_8058.JPG

泣いていいですか。

 

 

逆ホームシック状態で、南大東島が愛おしいです…

北海道か南大東島、どちらに移住するか、残りの人生で検討してまいります、どちらにせよ目指せ最果ての紅茶屋(笑)。

 

 

長々と、いち個人の旅日誌を営業用ブログに載せる恒例行事にお付き合い下さりありがとうございました。

島人の温かな優しさを受け取った店主が、明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

 

 

------information ------

 

●1月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+ 朔日 ついたち (土日祝の場合は営業)

 

 

 

●掲載本…「北摂グルメ」

 

☆「紅茶のレク茶ーご案内」


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2017 オータムナル/ゴパルダラ茶園"Red Thunder"」

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 ファーストフラッシュ/マリーボン茶園」

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 セカンドフラッシュ/キャッスルトン茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00(LO)
木曜+朔日(ついたち)定休
★access

道旅

  • 2018.11.16 Friday
  • 21:33

こんばんは、水曜どうでしょうのステッカーを貼っている車の後ろにつくとGJと云いながら親指を立てている、どうバカドライバー、テクテク紅茶や店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

 

昨日定休日は丁度茶葉を仕入れたかったのもあり、この気候ならばと自転車で芦屋へ。

 

 

ムジカで紅茶を仕入れ、勇真社長にインドの写真を見せていただいたり、大師匠T-sanの元気節が伺えたりと、嬉しい紅茶時間を過ごさせていただきました。

その後西宮ガーデンズで期間限定のピーナッツカフェに寄り道したり、

往復55kmの帰宅後そのまま電車で梅田に呑みに繰り出し…ぐったり。そりゃそうだ(笑)。

元気なうちは元気に動き回っておこうと思います。

 

 

さて、先週はそんな元気な店主がお休みを戴き、ご迷惑をお掛け致しました。

どうしても北海道へ行きたいと、無理矢理お休みを戴いた罰か、

着陸したと同時に、雨。

向かう先々、雨。

旅先滞在中、唯々只管、雨。

いや私こんなに雨女でしたっけか?

 

 

最後の最後、本当に帰途に就くため空港を発つ直前、まぁこれ見てまたリベンジおいで、と云わんばかりに虹が空港にアーチを架けました。

 

今回の旅時間、地上で唯一の青空の絶景。

このタイミングでこれは…悔しい(笑)。

しかしそれでも広大な大地からのエネルギーがチャージされたのが北海道の凄い処です。

雨で見られなかった光景や行けなかった場所が沢山あるのでまたリベンジに行こう。

 

 

 

そんな旅でしたので、北海道なのに絶景編がとても少ないですが、旅写真をお届け、

の前に、先ずは此方から。

 

 

皆さまがお会計時のお釣りを温かいお心と共に入れてくださった、「お釣り de 募金 project」。

 

 

元々は此処、大阪北部の地震義援金として始めましたが、回復が早かった様子で募金の受付が終了したこともあり、現在一番大変であろう、北海道胆振東部地震への義援金として、

このお釣り募金¥3,784、支援メニューの利益¥5,670、店主財布¥546=計¥10,000

現地のむかわ町役場へ立ち寄り皆さまのお心を託してまいりましたことを報告いたします。

 

IMG_6494.jpg

 

IMG_6497 (編集済み).PNG

 

対応されたかたに伺うと、仮設住宅が用意されたことで随分落ち着いたとの事です。

とは云えひび割れやガタガタ隆起の道路があったり(一度、スピードを出していた勢いで車が逃走中のルパン車並に跳ねてかなりビビりました)、まだ避難所におられるかたもいたり、役場の周囲だけでも倒壊したままの住居が数軒あったので、あとひとふんばり、的な印象。

被害規模を考えればかなり僅かではありますが、皆さまの心遣いがきっとどなたかに届くと思っています。

 

お釣りを募金して下さったお客さま、

支援メニューをご賞味下さったお客さま、

ありがとうございました。

 

 

 

《景色編》

 

IMG_6571.JPG

宿のお部屋からの洞爺湖畔。

下に降りたらちょっとした紅葉スポット。

ニーハオシェシェ集団の集合写真や自撮り写真やの撮影ラッシュの隙を狙った渾身のヒトシナです(笑)

IMG_6561.JPG

 

IMG_6568.JPG

 

サッポロビール園が絶景。

IMG_6607.JPG

 

 

 

《趣味編》

 

HTB本社

IMG_6612.JPG

 

いちローカルテレビ局が観光地化している妙。

今年新社屋へ移転し、アクセス便利になりました。

空飛ぶonちゃん、可愛すぎる。

 

そして分かる人だけ分かるシリーズ、そりゃ買っちゃうよね〜

 

 

Zepp Sapporo

IMG_6638.JPG

今回の旅のキッカケでした。

スピッツの今年最後のライブ、良い位置と良い音、良いニノウデ(分かる人だけ分かるシリーズ)!

ブルエンでダイブ量産喰らい首を痛めました(笑)しかしやはりライブはスタンディングに限る、が持論です。

 

 

《北の幸編》

 

ししゃも寿司@「カネダイ大野商店」

IMG_6482.JPG

 

震災から数日後の報道で「営業再開しましたので来てください!」と仰せだったので、応じて伺いました。

(お客さま情報:一昨日のあさイチでも此処が出ていたそうです。)

ししゃもが生で戴けるお魚だとは!捌くの大変そう…

 

淡泊な白身の筈が、脂で芳醇、肉厚濃厚。

しかしうっかりワサビつーん(店主はわさびが苦手です)。

店員さんによってワサビ有無聞かないらしく…お隣さんが聞かれていて、しかもそのお隣さんは「たっぷり頼んます!」と仰せで、あぁほんともう聞く聞かないが逆…と羨みながらワサビをなるべく取って戴いたのでした(涙)。

 

焼きししゃも

IMG_6483.JPG

ワサビの口直しに…(笑)手前5匹がメス、後方5匹がオス。

普段食べる輸入のカラフトシシャモはメスですが、本来旬のししゃもはタマゴに栄養取られないオスのほうが美味しいのだそうです。納得。

 

 

夕食バイキング@「洞爺サンパレス リゾート&スパ 」

IMG_6503.JPG

 

IMG_6512.JPG

 

バイキングですから勿論もっと沢山戴きましたが、自粛して…(笑)

偶々、夕朝食付きプランだったのですが正解でした、夕食がバイキングと侮るなかれでした。

ステーキ、ビーフシチュー、スペアリブ、ホタテのクリームシチューパイ包み、天ぷらなどなど、シェフがその場で作られた北の幸グルメが沢山。

またこの仕事のクセに普段は甘いものをあまり戴かないのですが(故に店主手製の菓子は甘さ控えめです)、

此処のスイーツはしっかり作られていてとても美味しく、ガッツリあれもこれもしてしまい。

この店主をして(笑)朝食要らないな…と思わせしめる内容でした。

しかしそれはこの店主なので(笑)、朝食も戴いたのですが、内容は優しめで助かりました(笑)。

此処は夕食ありきで泊まるべし、です。

 

温泉も露天風呂最高。

火傷の良い湯治になりました。長引いていますが完治まであと一歩。

 

 

「カラバトカリー」

IMG_6585.JPG

場所的になかなか…漸く行けたチェキラしていたお店。

美味しー!!シンプルなのに深イイ!

食後にサービスされるカルダモンチャイまで美味しー!!

 

IMG_6587.JPG

 

 

札幌と云えば此処、の地、すすきの。このハスムカイ(つまり撮影側)に行きつけの店があります。

IMG_6640.JPG

地震後、此処が真っ暗だったなんて想像がつきません。眠らない街はこうでなくては。

 

 

さっ、此より北の幸、飯テロです(笑)。

いつもどれもすべて美味しい…大将、御馳走様でした。

 

「すしほまれ」

IMG_6641.JPG

 

IMG_6643.JPG

 

IMG_6644.JPG

 

IMG_6645.JPG

 

IMG_6646.JPG

 

IMG_6647.JPG

↑ししゃも刺身、結局いつもの此処で戴けてしまったという…しかも此方のほうが美味しいという…(笑)

 

IMG_6648.JPG

 

IMG_6649.JPG

 

IMG_6651.JPG

 

IMG_6642.JPG

 

IMG_6650.JPG

 

地酒、地魚、舌鼓、千鳥足…

 

 

北海道に行かれるご予定お有りのかたは、是非。

気さくな大将なのでお気軽に。

店主経由の予約も可能です(笑)。

 

 

 

《紅茶編》

 

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

IMG_6556.JPG

はいそさいえてぃー!サミット会場の風格です。

 

IMG_6574.JPG

 

泊まらなくても、いやハイソ過ぎて泊まれなくても(笑)、ロビーラウンジでお茶はできる。

 

これがまた良い意味で裏切られまして、びっくりする美味しさの紅茶が出てきました。

「ダージリン」「アールグレイ」「アッサム」の3択の中、

まさか旅先でこんなに美味しいダージリン出していただけるとは。

伺って良かったなぁぁぁと感極まりました。

 

あまりに美味しかったのでお客さまにもお届けしたいなと、この茶葉の販売有無を伺ったところ、ショップで販売しているとの事だったので其方でダージリンを買い求めたのですが、まったく別物…無念。スタッフさんにとっては「ダージリン」は「ダージリン」なんだろうなぁ…。

この先、また同じことにならぬようにと…一応、ご意見としてメール差し上げたのでした(苦笑)。

 

そしてその後、ご連絡戴いた流れで、同じ紅茶を仕入れるに至る、の巻。

ティーコジー無しの蒸らしであの滋味ですから、うっとこで淹れたらもっと美味しい筈(笑)。

来週あたり届きそうなので、またメニューご確認下さい。

皆さまにも味わっていただけるのが楽しみです。と云いながら自分が飲むのが一番楽しみだったりして。

 

 

既にもう北海道が恋しい…愈々これは住むしかないな…

いつか来るその日まで(笑)、此処、箕面山麓にて地に足付けて、心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、ご来店誠にありがとうございました。

 

 

 

------information ------

 

●11月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+   朔日  ついたち   (土日祝の場合は営業)

※27日(火)6周年です。当日のみ何かします、多分。

 

 

●掲載本…「北摂グルメ」

 

☆「紅茶のレク茶ーご案内」


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 ファーストフラッシュ/マリーボン茶園」

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 セカンドフラッシュ/キャッスルトン茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00(LO)
木曜+朔日(ついたち)定休
★access

【平日&土限定】ゴハンモノ(偶数月)「チキンハヤシ」

  • 2018.08.06 Monday
  • 21:21

こんばんは、冷房ONの寒さと冷房OFFの暑苦しさに目覚めを繰り返し寝不足、だから夏は嫌いだ、テクテク紅茶や店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

猛暑続くまま8月になり、記念すべき100回目の全国夏の高校野球も始まりました。

お仕事の合間合間にスマホで観戦していますが、大阪桐蔭が勝って安堵したり、今回初導入のタイブレークにまで延びた延長戦で目が離せず煮出し中のチャイを吹きこぼしたり(コラ)。

応援する吹奏楽にも耳が離せません。毎日がアフリカンシンフォニー。

今までの全てを掛けて挑む人の試合は観応えが半端ない。

一所懸命の様を拝見して、自身も鼓舞されます。がんばろ!

さてそんな店主の営むテクテク紅茶や、今月の「ゴハンモノ」は偶数月担当、ハヤシライスです。


【平日&土曜限定(月〜土)】☆チキンハヤシライス(偶数月)
iPhoneImage.png
・サラダ or マリネ付/限定10食
※月〜土の限定メニュー/日・祝は除きます。
※奇数月はチキンカレーライスです。




ハヤシと言えばビーフがメジャーですが、当店は店主の嗜好によりチキンです。
 

iPhoneImage.png

トマト、タマネギ、ニンジン等の野菜、マッシュルーム、数種のスパイスをたっぷり沁み込ませた隠し味たくさんの自家製ドミグラスソースで、国産若鶏もも肉をじっくり煮込んでいます。

スパイスタップリ、テクテクゴハン。

紅茶と共に、どうぞご賞味くださいませ。


 

明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、連日続く暑さの中でのご来店、誠にありがとうございました。

 

 

 

【余談】

というわけ?で、先日戴いたお休みで7年振りに広島へ旅してまいりました。

事前に準備万端で臨んでいたものの西日本豪雨でどうなることかと思いつつ、

土砂を取り除いた跡が所々で生々しく残っている山陽道を通り、久々にガッツリ運転。

走行中には沢山の災害派遣車、休憩時のSAには沢山の自衛官さんがおられ、すれ違う度に敬礼しました。心で。

 

 

初日は広島市内。

店主の中で広島と云えば、ここのおむすびは外せないのです!おむすび目指しまっしぐら。

「むさし」

IMG_4700.JPG

むさしの俵むすびは、唯一無二。日本一。再確認。店主談。

 

そして、丁度今日が原爆の日ですが、

おむすびの美味しさに満たされ、そのまま平和記念公園へ向かいました。

小学校の修学旅行での初訪問以降、広島市に来たときは立ち寄るようにしています。

 

IMG_4720.JPG

 

 

 

爆心地碑の600m上空で放たれた閃光。その一瞬で奪われたとんでもない命の数。

平和ボケでいられる環境にあることを、鳥肌と共に噛み締める場所です。

思いの外、欧米の方々が観光で来られていて、真剣に原爆ドームや禎子像などを見ている様子を嬉しく思いました。

 

IMG_4718.JPG

 

 

「星ビルオルゴールティーサロン」

IMG_4729.JPG

屋号の通り、星ビルという建物にある、オルゴール流れるティーサロン。癒しでしかありません。

メニュー名でムジカの紅茶と分かるラインナップでした。にやり。

但しムジカ茶葉使用店にしては珍しく、茶葉抜き。しょんぼり。

 

 

「今回の目的地」CLUB QUATTRO

IMG_4779.jpg

スピッツFC会員限定ライヴ、3年振り!ビール一口飲んでこれだけ減ったの図

大好きな曲を浴び、大好きなメンバーと一緒に汗を掻き、今年イチ幸せだった2時間でした…

 

そのまま絶頂で友人&友人娘(名前がスピッツの曲名)と晩御飯へ。

 

「炙り酒場炭火かんてき」

IMG_4784.JPG

 

広島来たら欠かせんじゃろ、の居酒屋さんです。

初めてお会いしてから15年ほどになる大将、変わらず店主どストライクの男前(笑)。

紅茶屋を始めた報告をやっとできました。たいしたもんじゃのう、と大将に云われちょっと泣きそうに。

お酒進みます。

更にマカナイで出前取るけぇ、と一緒に出前取って下さって図らずも広島グルメ、つけめん。

 

IMG_4785.JPG

 

結局、徒歩5分で帰れる宿泊先なのにタクシーで強制送還された午前2時でした(笑)

また詫びに行くとします。懲りない。

皆さまも広島市内で呑む機会ありましたら、ぜひ。全部美味しさ保証です。

 

 

調子に乗って呑み過ぎたことを後悔し頭痛抱えながら翌朝、広島市から移動しまして。

一度やってみたかった、しまなみ海道サイクリング!

 

IMG_4818.JPG

 

車に乗せた自転車を道の駅で降ろし、多々羅大橋を渡って県を跨ぎ、「生口島」という島をぐるりと一周しました。

 

IMG_4819.JPG

 

特産品のレモンの樹。

IMG_4890.JPG

 

IMG_4885.JPG

 

 

 

「ちどり」

IMG_4877.JPG

蛸しゃぶ。地元の名産、レモンと蛸を一緒に愉しめる嬉しいお昼ゴハン。

暴飲で荒れた胃にも丁度良かったです。

 

「ドルチェ本店」

IMG_4833.jpg 
瀬戸田レモン+瀬戸田デコみかん

 

IMG_4823.JPG

サイクリストの為に車線にブルーラインが引かれていて、とても走りやすい道路でした。

 

ぐるり一周で35km。

普段だと丁度良いくらいの距離なのですが、炎天下、日陰無し、二日酔い、とアカン条件が揃ってしまい、ヘロヘロでした。

ポカリ一気飲みで生還。

海を見ながらのサイクリング、とても楽しかったのでまた行こうと思います。夏以外で。

 

 

尾道へ戻り、晩御飯。

 

「朱華園」

IMG_4876.JPG

尾道と云えば、トッピングに豚の背脂のミンチを乗せた醤油味ベースの平打ち麺、尾道ラーメン。

美味しかったです!

 

(翌日、昼食にともう一軒老舗に行ったのですが、魔法の粉=化学調味料の味が…メンマに至っては薬品の味しかせずオススメしづらいので自粛。)

 

 

お宿は尾道の奥座敷、「尾道ふれあいの里」さんへ。

豪雨による断水で暫くの営業停止から漸く再開されたタイミングでした。

露天風呂で星を眺めながら疲れを取り、爆睡。

温泉も朝食も付いているのにとてもお安い。人もとても温かい。

公共の温泉宿、的な佇まいで、近くに何もない分、静寂を愉しめる良いお宿でした。オススメ。

 

 

翌日は日傘差して尾道市内を徒歩観光。

酷暑×尾道の階段坂×徒歩=終始洗顔後のような汗粒を携えての観光となりました。

 

 

千光寺からの眺め

IMG_4930.JPG

向かいに見えるのが向島。今年4月、逃走犯がこちら側から泳いで渡った、あの島です。

いざ見ると、よくまぁ泳いだなぁと。

 

三重塔

IMG_4936.JPG

この坂です、散策中、土砂崩れの跡が沢山ありました。

断水と土砂崩れの二重苦は本当に大変だったことと存じます。

 

「チャイサロンドラゴン」

IMG_4925.JPG

ゲストハウス併設のノスタルジックカフェ。


名物「チャイダー」オレンジ&グリーン

IMG_4911.JPGIMG_4912.JPG

 

「チャイサロン」なので、チャイもありましたが、折角なので地産地消メニューをチョイス。

オレンジは紅茶とパッションフルーツ、グリーンは今川玉香園茶舗の緑茶。

どちらも向島の後藤鉱泉のサイダーで割ったものだそうです。汗だくの体に沁みる美味しさ。

 

スタッフくんと、常連のおばあちゃんと、まったりお話させてもらいました。

逃走犯騒動収まったら豪雨の断水で踏んだり蹴ったり、そちらも地震大変だったでしょう、知り合いが箕面にいてね、などなど。

旅はこういう出会いがほんと嬉しい。

なつっこいスタッフくんに感謝です。

 

 

商店街に居た、多分アカンヤツ

iPhoneImage.png

とりあえず私に謝ってほしい。

 

 

階段坂にお住いの猫。

IMG_4924.JPG

普段かなりいるらしいのですが、酷暑だからか少なめだったニャ。

 

 

翌日のサラダ用にと産直市で仕入れた野菜。

IMG_4942.JPG

被災しただろう農家さんに少しでも…って助けになるんか!?のお値段。安っ。

 

 

伺った先は平常を取り戻しつつある場所でしたが、災害派遣の車が行き交っている様子を見ると復旧復興にまだまだ時間とチカラが要ることを実感しました。

無力な自分にできることは、観光することくらいです。

また行こう。

 

そんなこんなで普段引きこもりで閉じ込めてきた汗を一気に放出したライヴ、サイクリング、観光でした。

 

 

余談のほうが長くて申し訳ございませんでした。

紅茶屋です。

 

 

 

------information ------

 

●8月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+  朔日 ついたち  (土日祝の場合は営業)

※お盆も通常通り営業致します。

※31(金)は13時〜OPENとさせていただきます。

 

 

●掲載本…「北摂グルメ」

 

TRABANT

ハンドメイドピアス販売中

(店頭/Web

 

☆「紅茶のレク茶ーご案内」


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2017 オータムナル 〜マーガレッツホープ茶園〜」

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 ファーストフラッシュ/マリーボン茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00(LO)
木曜+朔日(ついたち)定休
★access

 

 

紅茶屋の工場見学

  • 2018.07.21 Saturday
  • 21:57

こんばんは、マイブーム飯はパスタ麺の焼きそば、テクテク紅茶や店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

「どうせ明日も暑いんやろ、」と天気予報を見るのも無駄に感じる酷暑続きですが、

ふと見ると、ここ数日は沖縄が一番涼しいではないですか。

どないなっとんねん。

 

 

閑話休題、

先日定休日のお話ですが、

丁度その日に夏摘み紅茶を製茶することになったと報せを戴き、

それならば是非見学させて頂きたいという我が儘を快く請けて下さったので、

三重県四日市市にある、ハサマ共同製茶組合さんへお邪魔してまいりました。

 

到着した時間には揉捻が始まっていたので早速見学!

 

【揉捻】

前日収穫した茶葉を一晩【萎凋】(いちょう)して、この揉捻機に茶葉を入れグリグリ捻じる&揉む

 

1時間揉捻機にかけたあと、ふるいで固い葉やちぎれた葉を取り除く

IMG_4578.JPG

↓左にはOKの茶葉、右にはNGの茶葉、と篩い分けられます

 

【発酵】発酵棚へ移し、2時間ほど上からビニールシートを被せ酸化発酵を促します

IMG_4580.JPG

 

【乾燥】

IMG_4588.JPG

100℃で発酵を止め、温度を下げて乾燥させます。

 

IMG_4585.JPG

火元に近い下部と遠い上部で温度差が生じるので、

温度チェックをしながら棚を入れ替えたり葉をかき混ぜたりと目も手も離せないお仕事。

 

 

【荒茶】の完成と【試飲】

IMG_4592.JPG

 

「Kyokan茶」というブランド名で販売される此方の紅茶、

試飲して「クラフトビールの香りがします!」という店主の嗅覚にKyokan得られず(笑)

でも本当に、店主の独断と偏見ですがフルーティーなホップのような、そんな香りでした。

 

この荒茶から、篩いで落としきれなかった欠点葉(固い葉やちぎれた葉、茎など)を手作業で取り除いてからやっと商品化されます。

 

欠点葉(帰る時間まで少し作業させていただきました)

IMG_4590.JPG

固い葉は捻じれず酸化発酵しないので風味が弱い

 

店主が毎年やっている手摘みだと始めから欠点葉は取らないので、この工程はありませんが、それは収穫量が少ないからできる業であり、販売する量となると刈るところから機械で工程を進めないと追いつかないですね。

もしくはスリランカからプラッカー(茶摘み婦)引き抜くとか。→激甚的スピードで一芯二葉を摘みます

 

機械作業を手作業でフォローするというタッグ感。

量や温度や時間など、忠実に丁寧に管理作業することで良い茶葉が美味しい紅茶になること、実感しました。

 

茶葉が紅茶になるまでの時間、その空間に居させていただいたので、見学というよりは感覚的には体感でした。

少しでもそんな楽しい体感見学が今回の投稿でお客さまのお心に伝われば幸甚です。

 

 

IMG_4594.JPG

色々な品種、時季のもの試飲させていただきました。

中でも特別美味しかった茶葉、仕入れました。また国産紅茶ローテーションでお口にかかりましょう。

尚、今回製茶された紅茶は商品化まで時間が掛かるとの事ですのでまたその機会に…

 

 

発酵待機中に朝採れ野菜をBBQ馳走して下さいました!

IMG_4582.JPG

井戸田以上のパワーで叫びたかったほどの「あまーーーーーーーーい!!」

美味しい野菜って、塩すら要らないですね…

 

 

折角の茶縁なので、なにかしらコラボできたら楽しいね、とハサマさん。

製茶体験も随時されておられます→https://kyoukan.biz/taiken/

当店のお客さま募って訪問なんてのも楽しいかな、等と。

 

 

以上、紅茶屋の製茶工場体感記でした。

 

明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。

本日お越し下さったお客さま、暑い中のご来店、誠にありがとうございました。

 

 

(余談)

折角なのでと帰る前に少し寄り道して

「津ぎょうざ」@いたろう

15cmぎょうざ。これ食べてみたかったんです(笑)

 

 

 

------information ------

 

●7月の営業について

 

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+  朔日 ついたち  (土日祝の場合は営業)

※31(火)は臨時休業致します。

 

 

●掲載本…「北摂グルメ」

 

TRABANT

ハンドメイドピアス販売中

(店頭/Web

 

☆「紅茶のレク茶ーご案内」


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2017 オータムナル 〜マーガレッツホープ茶園〜」

※【限定紅茶】「ダージリン 2018 ファーストフラッシュ/マリーボン茶園」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00(LO)
木曜+朔日(ついたち)定休
★access

 

 

寒害と仙台

  • 2018.03.24 Saturday
  • 21:49

こんばんは、今年ラストのフォンダンショコラ焼き上がり待ち、テクテク紅茶や店主です。

本日も無事営業終了致しました。

 

※冬季限定「フォンダンショコラ」は明日(3/25)で終了します。

※今月のジャム「苺」は今月末で終了します。

※駆け込みましょう!

 

桜も開花したということで、次のお休みは紅茶をボトルに入れて自転車で花見でも参じようかと目論んでおります。

晴れてくれれば良いのですが…

 

 

先のお休みは、開通した新名神高速道路を経由し、祖母宅(父の実家)へ行ってまいりました。

 

新SA(混)

IMG_2123.JPG

 

流石宝塚。

IMG_2124.JPG

 

…なんと快適快走なんだ!

あのド田舎まで休憩しても2時間で行けるようになる日が来るとは。

帰路もトンネルのペースメーカーライト(日本初導入らしいです)にテンション上がりながら、

不可避だった中国自動車道の宝塚付近の渋滞を回避でき、

当店裏手駐車場まで、高速道路(+有料道路)を出たらほぼもう帰着。

 

 

これは皆さまとの茶摘み体験ツアーも愈々現実味を帯びて…といきたいところだったのですが、

肝心の茶樹に今年は異変が起こっているとのことで、

その連絡を受けての様子見帰省だったのですが、それが此方。

 

IMG_2132.JPG

 

なんともインスタ映えない茶樹(苦笑)。

-10℃を超える寒さが続いたことで褐変してしまった様子…

所謂、寒害です。

 

IMG_2133.JPG

 

ちゃんとした茶園ではこうした寒害に備えて布やネットを覆ったりするようですが、

何せ祖母宅の茶樹は石垣に自生するワイルド茶樹。

それでもハタチそこらで嫁入りした祖母@96歳とてこの褐変は初めてとの事で…。

 

-15℃を超えると枯死してしまうとのことで、そこまでには至っていないことを祈りながら、

新芽が出てきてくれる日をただ待つのみです。

 

 

 

 

さて更にその前の木曜日のお話も乗じてシタタめます。

余談でしかない旅日記ですがいつかの旅の指標にと仰せ下さるお客さまがたも意外とおられ…
と云いながら毎度然して指標にならない行程を踏んでおりますが、御愛嬌…


前置きさて置き。


機窓から

IMG_2027.JPG

雪を冠るアルプス/B737の翼はテレマークに見えて可愛い。

 


着陸した先は、3年振りと久々の仙台
レンタカーを半日だけ借りて、まずは秋保(あきう)へ参じました。

 

温泉で有名な地ですが、今はそれ以上に有名かもしれないスーパー「さいち」。

郊外にありながら常に人絶えず、全国のスーパー関係者が挙って視察に来るというスーパーです。
来店客のほぼ全員が買うという「さいちの秋保おはぎ」。

 


店主も3年ほど前にTVで存在を知り、直後に行った以来の再訪でしたが、相変わらず美味しいおはぎでした。

消費期限が当日なので車内でもぐもぐタイム。

 

そのままお近くの老舗旅館へ。
温泉には目もくれず…

 

「おかみの紅茶」

IMG_2043.jpg


館内に鯉の泳ぐ池があり、其処に架かる橋を伝って入店します。
流石の老舗旅館、接客応対の柔らかさが心地良い。

老舗旅館で紅茶専門店。
こんな組み合わせ面白すぎる、と興味津々です。


ダージリンと春スイーツ(洒落たメニュー名だったのですが…失念)

IMG_2040.JPG


秋保産のあずき、
蔵王産クリームチーズ、
仙台苺…

地産地消のスイーツ、とても美味しかったです。

 

IMG_2042.JPG

 

そしてカップ&ソーサーがカッコ良かった!

(「花薫」の後が読めず、会計時伺おうと思いながら失念。どなたか助けて下さい・笑)

 

…のにポットが…勿体無いなぁ。
良いダージリンで、茶葉が入ったままも嬉しかったですが、その茶葉がずっと浮いていて(温度が足りなかったかと)ダージリンらしいパンチが弱かったかな。

 

これは自身が此処の「おかみ」となり紅茶を淹れるか…等と中庭を眺め妄想しながらゆっくり過ごさせて頂きました。

 


また少しドライブ…

目的地到着を鼻で報せるかのように車内に麦の匂いが!!

マッサーーーン!(BGM 麦の唄 by 中島みゆき)

 

IMG_2059.JPG

 

昨年余市工場を見学し、風味非なるウイスキーを作っているという仙台工場にも行ってみたいという強い思いが…

…そこそこ早めに叶いました(笑)。

 

IMG_2060.JPG

 

その時間帯に予約申込した人がガイドさんに付いていき説明を受けるのですが、
カップル2組と店主一人という…そこそこハードなアウェー感の中で、ウイスキーの芳香に助けられながらの見学でした。


・余市…ポットスチルはストレートヘッド型で、石炭直火蒸溜
・仙台…ポットスチルはバルジ型で、スチーム間接蒸溜

 

IMG_2045.jpg


異なるモルトを作りブレンドの幅を広げるためにと、ポットスチルの形や加熱方式が違う、2つの工場。
この2つの工場のお蔭で、店主大好き「ブラックニッカ」が作られているという寸法です。

 

仙台工場では世界でも現在稼働しているのは珍しいという「カフェ式連続式蒸溜機」で製造されており、
これを見学できると思い込んでいたので、やや物足りなさを勝手に抱いてしまいつつ、試飲もドライバーのため我慢しつつ、目的だった限定ウイスキーを購入し、後にしました。

 


レンタカーを戻してからは市街地へ。

 

 

「旨味太助」

IMG_2056.JPG


店主にこれが牛タンだ!と教えてくれたお店です。
6年振りの太助の牛タン…弾力、食感、風味、唯一無二。

感極まれり。

 

IMG_2054.JPG


ふと座った席から見えた新聞記事の切り抜きを読むと、当日が先代の命日でした。
美味しさに感動するゴハン屋さんを作って下さって本当にありがとうございます。合掌。


大満足ながら、時間の許す限りと、紅茶屋さんへ。


「LINKS」

IMG_2058.JPG

夜はバーになるという紅茶屋さんへ。
アッサム、美味しかったです。が茶葉抜きセカンドポットでのサーブ。そして少な目。

 

 

愈々店主にとっては今回のメイン…


「椎名林檎のひょっとしてレコ発2018@仙台サンプラザホール」

IMG_2074.JPG

スピッツ以外でこの会場に来る日が来ようとは。
 

彼女のライブは、ライブのようで、演劇のような、厭、言葉には括れない。

唯一無二のステージです。東北まで来て良かったと感無量でした。

 


ライブ後は仙台在住で仕事帰りの友人を捕まえ地元民で賑わう焼鳥屋さんに連れて行ってもらい、

遅寝早起きし、ホテル朝食で超絶絶品のワッフルに悶絶し、直ぐ空港へ向かい、数時間後当店オープンというやはり弾丸旅でしたが、良い時間の使い具合だったなぁという自己満足と共に帰阪し、また旅に出るため一日一日、しっかりお仕事させて頂いております今日この頃です。


明日も心込めて紅茶をお淹れ致します。
本日お越し下さったお客さま、ご来店誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

------information ------

 

●3月の営業について

・営業時間…11:30-21:00 

・定休日…毎週木曜+ 朔日 ついたち  (土日祝の場合は営業)

 

 

●掲載本…「北摂グルメ」

 

TRABANT

ハンドメイドピアス販売中

(店頭/Web

 

★”おつり de 支援 project”

 

☆「紅茶のレク茶ーご案内」


★menu
※【平日限定】「ゴハンモノ」:奇数月…チキンカレーライス

※【平日限定】「ゴハンモノ」:偶数月…チキンハヤシライス

※【限定紅茶】「ダージリン 2017 オータムナル 〜マーガレッツホープ茶園〜」

 

↓ちょこちょこ更新しております。皆様の清き「いいね!」を戴けると幸甚です。

●Instagram
●Facebookページ

〈テクテク紅茶や〉
箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
072-737-9288
11:30-21:00(LO)
木曜+朔日(ついたち)定休
★access

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

営業日のお知らせ

最新のご案内は最新のブログ投稿の下部に記載しておりますので、ご確認下さい。

テクテク紅茶や

・所在地…〒562-0012
大阪府箕面市白島3-1-14 アミーズ白島 1F
・TEL&FAX …072-737-9288
・営業時間…11:30-21:30(L.O 21:00)
・定休日…木曜+朔日(ついたち)※土日祝すべて営業(元日除く)
・ご予約承ります。(全時間帯可※2時間半メドでお願いします。)
・駐車場…有(2台)→建物裏を進んで、ポールがある場所、右折の駐車場。
No.10&12
【お願い】
少ない台数ですので、お連れ様とお越しの際は乗り合わせの上お越し頂けるととっても、とっても助かります。
万一満車の際は、駐車場からお電話もしくは一旦入店にて空席を確認下さい。
一時駐車スペース、若しくはコインパーキングをご案内させていただきます。

(スポンサーズリンク)

問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらへお願いします。

selected entries

categories

archives

recent comment

special thanks

tekuteku tea booth is made by...

"tea" Mr.Toshiki Horie(T-san), Mr.Yuma Horie from MUSICA TEA and his staff, especially Ms.Yoshie
"food"
・Momiji-tenpura
: Ms.Chiyoko from KOHYOH
・Bread: Chambord from Saito,Ibaraki-city
"spirit"
・logo
: Ayako from my friend
・carpentry work: Mr.Kosaka from WORKSHOP and his coworker
・interior backer: Ms. Mariko and her husband, Mari, Akiko, Yukako, Hitoe, Saki, Miho, Mika, Mr.Kanatani, Katsuma with his children, from my friend

"Customer" Yes, you!

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM